TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5

(ティーエムペグエンク エムペグ スマート レンダラー 5)

Windows10_logo
 
対応入力ファイル
入力映像ファイル形式 MPEG-1 システムストリーム (.mpg) ※1
MPEG-1 エレメンタリストリーム (.m1v) ※1
MPEG-2 プログラムストリーム (.mpg,.m2p) ※2
MPEG-2 エレメンタリストリーム (.m2v) ※2
MPEG-2 トランスポートストリーム (.mpg,.m2t (HDV, Blu-ray, AVCHD フォーマット含む)) ※3
H.264/AVC (mp4, mkv, flv, .m4v, .m4a, .mov, .264)
H.265/HEVC (.mp4, mkv, .hevc, .265, .h265)

DVD-Video ※4
DVD-VR ※5
Blu-ray (BDAV/BDMV) ※6
AVCHD (AVCHD 3Dは左側のデータのみ)
Buffalo PCastTV3/4(対応機器のみ)
iVDR(-S)録画ファイル(対応機器経由のみ)
Microsoft TV 録画ファイル (.dvr-ms, .wtv) ※7
Everio (エブリオ)動画ファイル (.mod)
FLV (H.264)
MOV (H.264) (MOV 形式は MPEGリーダーで正しく読み込める映像/音声ストリーム)
MKV (.mkv) (MKV 形式は MPEGリーダーで正しく読み込める映像/音声ストリーム)
PGMX (.pgmx, .mkv)
MXF (.mxf)

※ MPEG-1 は YUV フォーマットが 8bit、4:2:0 のファイルのみ
※ MPEG-2 Video は YUV フォーマットが 8bit、4:2:2 のファイルまで
※ H.264/AVC は YUV フォーマットが 10bit、4:4:4 のファイルまで
※ H.264/MVC の3Dデータは左側のみ対応
※ H.265/HEVC は YUV フォーマットが 8/10bit、4:2:0 のファイルのみ


画像ファイル(.bmp, .jpg, .jpeg, .psd, .png, .wmf, .emf, jpe, .rle, .dib .exif , .jfif, 及びWIC環境では.gif, .wdp, .tiff, .tif, .ico, .icon .jxr)
入力音声ファイル形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ( .mp2)
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ( .mp3)
Dolby Digital (.ac3) ※8
Dolby Digital Plus (.ec3 (E-AC-3))※20
Linear PCM (.wav) (非圧縮、またはコーデックが正常にインストールされているもの。拡張 (Extensible) 形式対応)
Advanced Audio Coding (.aac) ※19
High-Efficiency Advanced Audio Coding(HE-AAC) (.aac)
FLAC (.flac, .fla)

対応出力形式
出力映像ファイル形式 ※9 Blu-ray Disc (BDAV 形式 / 二層メディア対応) ※10
AVCHD 互換 MPEG ファイル形式
BDMV 互換 MPEG ファイル形式
BDAV 互換 MPEG ファイル形式
DVD 互換 MPEG ファイル形式 (MP@ML)
HDV 互換 MPEG ファイル形式(MP@ML、MP@H-14、MP@HL)
MPEG-1 ファイル形式 NTSC(フィルム) / PAL
その他 一般的な MPEG-2 ファイル形式※11
MPEG-4 ファイル形式 (H.264/AVC, H.265/HEVC)
MKV ファイル形式(MPEG-1/MPEG-2/H.264/AVC/H.265/HEVC の各ビデオ形式)
出力音声ファイル形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ(.mp2)
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ(.mp3)
Dolby Digital (.ac3) ※8
Linear PCM (.wav 非圧縮 24bit 192kHzまで *出力ターゲットにより変化)
MPEG-2 Advanced Audio Coding Main/LC (.aac 96kHz まで)
MPEG-4 Advanced Audio Coding Main/LC (.aac 96kHzまで)
FLAC (.flac, .fla 24bit 192kHzまで)

MPEG ファイル出力設定 (各形式により設定可能値は変動)
出力モード 単一ファイルで出力 (スマートレンダリングによる複数ファイルの結合が可能)
クリップをそれぞれ個別のファイルとして出力
出力ターゲット 一般的な MPEG
MP4
MKV
BDAV 向け MPEG
BDMV 向け MPEG
AVCHD HDD/メモリーメディア向けファイル *
AVCHD DVD メディア向けファイル *
AVCHD Progressive 対応機器向けファイル *
DVD 向け MPEG
HDV 向け MPEG
XAVC S 向け MPEG
* 入力ファイルによって適切なモードが自動判定されます。
アスペクト比の設定 入力ファイルからの自動判定
ピクセルアスペクト比 1:1/4:3/16:9
画面アスペクト比4:3/16:9/2.21:1
* 入力ファイルよって設定可能値が異なります。
フレームレートの設定 入力ファイルに依存
エンコード方式 CBR / VBR (固定品質:0~100) / VBR (トランスコード)
トランスコード設定 トランスコード後のファイルサイズを指定可能
* 出力形式により指定可能下限は異なります。
* トランスコードはMPEG-1/MPEG-2素材のみ
プロファイル&レベル 入力ファイルに依存
ビデオフォーマット 入力ファイルに依存 (NTSC / PALなど)
VBV バッファサイズ 入力ファイルに依存

MPEG システムエンコーダー部
出力形式 MPEG-1 システムストリーム (ISO / IEC 11172-1 準拠)
MPEG-2 プログラムストリーム (ISO / IEC 13818-1 準拠)
MPEG-2 トランスポートストリーム (ISO/IEC 13818-1 準拠)
MP4 (ISO/IEC 14496-12/14/15準拠)
Matroska (MKV)

MPEG ビデオエンコーダー部
出力形式 MPEG-1 Video (ISO / IEC 11172-2 準拠)
MPEG-2 Video (ISO / IEC 13818-2 準拠)
H.264/AVC (ISO/IEC 14496-10 準拠)
H.265/HEVC (ISO/IEC 23008-2 準拠)
アスペクト比の設定 1:1 / 4:3 / 16:9 / 2.11:1
フレームレートの設定 入力ファイルに依存
プロファイル&レベル 入力ファイルに依存
MPEG-2 Video: MP@LL、MP@ML、MP@HL、MP@H-14、MP@HPL、HP@ML、HP@HL、HP@H-14、422P@ML、422P@HL、SP@MLL
H.264/AVC: Main Profile/High Profile,Level3/3.1/3.2/4/4.1/4.2/5/5.1
H.265/HEVC: Main Profile/Main10 1/2/2.1/3/3.1/4/4.1/5/5.1/5.2/6/6.1/6.2 *High tier 含む
ビデオフォーマット 入力ファイルに依存 (NTSC / PALなど)
VBV バッファサイズ 入力ファイルに依存
パフォーマンス MPEG-2: 4段階
H.264/AVC: 7段階
H.265/HEVC: 9段階

MPEG オーディオエンコーダー部
出力設定 自動設定 (最低限のエンコード)
手動設定 (全てを再エンコード)
特定クリップにあわせる
出力形式 Linear PCM
MPEG-1 Audio Layer Ⅱ (ISO / IEC 11172-3 準拠)
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ (ISO/IEC 11172-3 準拠)
Dolby Digital ※8
MPEG-2 AAC Main Profile / LowComplexity (LC) / HE-AAC (LC)/
HE-AAC v2 (LC) (ISO/IEC 13818-7)
MPEG-4 AAC Main Profile / LowComplexity (LC) / HE-AAC (LC)/
HE-AAC v2 (LC) (ISO / IEC 14496-3)
FLAC (Free Lossless Audio Codec)
ビットレート指定範囲 MP2 (ステレオ):
64 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 / 384 kbps
MP2 (モノラル):
32 / 48 / 56 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 kbps
MP3 (ステレオ/モノラル):
32 / 40 / 48 / 56 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 kbps
Dolby Digital (ステレオ):
128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 / 384 / 448 kbps
Dolby Digital (モノラル):
64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 kbps
Dolby Digital (デュアルチャンネル):
128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 / 384 / 448 kbps
Dolby Digital (5ch):
384 / 448 / 640 kbps
Dolby Digital (5.1ch):
384 / 448 / 640 kbps
Linear PCM (ステレオ):
1536 (16/48) / 1920 (20/48) / 2304 (24/48) / 3072 (16/96) / 3840 (20/96) / 4608 (24/96) kbps
Linear PCM (モノラル):
768 (16/48) / 960 (20/48) / 1152 (24/48) / 1536 (16/96) / 1920 (20/96) / 2304 (24/96) kbps
Linear PCM (マルチチャンネル)*:
4608 (16/48/5.1) / 13824 (24/96/5.1) / 36864 (24/192/7.1ch)
* ES 出力設定時及び HDMV compatible TS / AVCHD Progressive (BDAV H.264/AVC) 時のみ MultiChannel 設定が可能、記載ビットレートは一部抜粋。 48 / 96 / 192kHz, モノラル / ステレオ / 3 / 4 / 5 / 5.1 / 7 / 7.1ch, 16 / 20 / 24bit の各設定でビットレート値が変動します。
MPEG-2/4 AAC Main Profile / LowComplexity (LC):
12 (8kHz/mono) ~ 2880 kbps (96kHz/5.1ch) *
MPEG-2/4 HE-AAC (LC):
12 (16kHz/mono)~1440 kbps (96kHz/5.1ch) *
MPEG-2/4 HE-AAC v2(LC):
12 (16kHz/stereo) ~ 144 kbps (48kHz/stereo) *
* サンプリング周波数やチャンネル数によって使用可能ビットレートは異なります。
FLAC:
音声素材によって可変
サンプリング周波数 8 / 11.025 / 12 / 16 / 22.05 / 24 / 32 / 44.1 / 48 / 64 / 88.2 / 96 / 192 kHz **
量子化ビット数 16 bit 20/24 bit (Linear PCM/FLAC のみ)
チャンネルモード モノラル / ステレオ / ジョイントステレオ(mp2) / デュアル / 3ch(3/0) / 4ch(2/2) / 5ch / 5.1ch / 7ch / 7.1ch **
(マルチチャンネル音声は 他のチャンネル数へダウンミックス可能)

** 出力ターゲット及びコンテナタイプによって設定可能なストリーム形式が異なります。またストリーム形式によっては、コンテナタイプ/ストリーム形式によって設定可能な値が異なります。
7ch/7.1ch は、Linear PCM 使用時で BDMV/AVCHD 向け MPEG ファイルに使用可能となります。


Blu-ray disc 出力仕様
対応 BDAV 形式 SD解像度 (SESF) / HDV-HD1 / HDV-HD2 / 他、各解像度のHD映像に対応 ※13
文字コード 環境設定にて設定可能
ISDB (日本語) / ISO 646 (ASCII) / ISO 8859-1 (ラテン1) / ISO 8859-2 (中央ヨーロッパ) / ISO 8859-3 (ラテン3) /
ISO 8859-4 (バルト言語) / ISO 8859-5 (キリル言語) /
ISO 8859-6 (アラビア語) / ISO 8859-7 (ギリシャ語) / ISO 8859-8 (ヘブライ語) / ISO 8859-9 (ラテン5) / ISO 10646-1 (Unicode) ※14
出力モード シングルプログラム/マルチプログラム出力
ディスクタイトル入力 Blu-ray disc のディスクタイトル名称を入力可能 ※15
プログラムタイトル入力 Blu-ray disc のプログラムタイトルを入力可能
(マルチプログラム出力の際はクリップ名が使用されます) ※15
チャプター名入力 カット編集画面にてキーフレームに設定したポイントをチャプターとして使用可能。
(1トラック99個まで指定可能)
チャプター名はカット編集画面にて設定可能。 ※12
再エンコード部分解析 出力時に再エンコードが行われる箇所の事前確認可能
プログラム毎出力の場合は各プログラム毎に解析可能
BDAV での映像設定 設定項目は MPEG ファイル出力設定準拠
対応解像度 ※16 NTSC:1920*1080 / 1440*1080 / 1280*720 / 720*480 / 704*480 / 544*480 /480*480 / 352*480 / 352*240
PAL:1920*1080 / 1440*1080 / 1280*720 / 720*576 / 704*576 / 544*576 /480*576 /352*576 / 352*288
アスペクト比 画面アスペクト比 4:3/16:9
フレームレート ※17 23.976 / 24 / 29.97 / 59.94 fps(NTSC) / 25 / 50 fps(PAL)
最大ビットレート ※18 25000kbps (映像のみ)
BDAV での音声設定 設定項目は MPEG ファイル出力設定準拠
音声形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ(.mp2)
Dolby Digital (.ac3 5.1ch まで) ※8
MPEG-2 AAC (Low Complexity)
Linear PCM
(映像形式が SESF 準拠時、及び HDMV compatible TS / AVCHD Progressive (BDAV H.264/AVC)時)
サンプリング周波数 48 kHz
96 kHz *
192 kHz *
* HDMV compatible TS / AVCHD Progressive (BDAV H.264/AVC)LPCM 時
チャンネルモード モノラル / ステレオ / デュアル / 3ch(3/0) / 4ch(2/2) / 5ch / 5.1ch / 7ch / 7.1ch
* Linear PCM の3ch/4ch/5ch/5.1ch/7ch/7.1ch は HDMV compatible TS / AVCHD Progressive (BDAV H.264/AVC) 時
* 5ch/5.1chは DolbyDigital、MPEG-2 AAC 時使用できる音声形式は、出力するBDAV規格フォーマットにより異なります。
デュアルチャンネルモードの場合、2ヶ国語音声 (左右に主/副が収録されている物)を Blu-ray disc の2ヶ国語対応デッキにて音声切り替えが可能。また、映像形式が SESF 準拠のときのみ使用できます。
量子化ビット数 16 bit, 20/24 bit (LPCMのみ)
音声ビットレート MP2 (ステレオ):
64/96/112/128/160/192/224/256/320/384 kbps
MP2 (モノラル):
32/48/56/64/80/96/112/128/160/192 kbps

Dolby Digital (ステレオ):
128/160/192/224/256/320/384/448 kbps
Dolby Digital (モノラル):
64/80/96/112/128/160/192/224/256 kbps
Dolby Digital (5.0 ch/5.1ch):
384/448/640 kbps

Linear PCM (ステレオ):
1536(16/48) / 1920(20/48) / 2304(24/48)/3072(16/96) / 3840(20/96) / 4608(24/96) kbps
Linear PCM (モノラル):
768(16/48) / 960(20/48) / 1152(24/48) / 1536(16/96) / 1920(20/96) / 2304(24/96) kbps
Linear PCM (マルチチャンネル):
4608(16/48/5.1) / 13824(24/96/5.1) / 36864(24/192/7.1ch)

MPEG-2 AAC (ステレオ):
24 / 32 / 40 / 48 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 144 / 160 / 176 / 192 / 208 / 224 / 240 / 256 / 272 / 288 / 304 / 320 / 336 / 352 / 368 / 384 / 400 / 416 / 432 / 448 / 464 / 480 / 496 / 512 / 528 / 544 / 560 / 576
MPEG-2 AAC (モノラル):
12 / 16 / 24 / 32 / 40 / 48 / 56 / 64 / 72 / 80 / 88 / 96 / 104 / 112 / 120 / 128 / 136 / 144 / 152 / 160 / 168 / 176 / 184 / 192 / 200 / 208 / 216 / 224 / 232 / 240 / 248 / 256 / 264 / 272 / 280 / 288
MPEG-2 AAC (5.0 ch / 5.1ch):
64 / 96 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 288 / 320 / 352 / 384 / 416 / 448 / 480 / 512 / 544 / 576 / 608 / 640 / 672 / 704 / 736 / 768 / 800 / 832 / 864 / 894 / 928 / 960 / 992 / 1024 / 1056 / 1088 / 1120 / 1152 / 1184 / 1216 / 1248 / 1280 / 1312 / 1344 / 1376 / 1408 / 1440
出力フォルダ構成 BDAV フォルダ (CLIPINF, PLAYLIST, STREAM, info.bdav)

BDAV 出力を設定する際にはマスタークリップとなる動画の仕様が BDAV の仕様と合致する必要があります。


デジタルコンテンツ保護出力仕様【対応PCastTV3/4 デジタル録画ファイル】
出力モード クリップ個別出力 (それぞれ別のファイルとして出力)
チャプター名入力 カット編集画面にてキーフレームに設定したポイントをチャプターとして使用可能。(1トラック99個まで指定可能)
チャプター名はカット編集画面にて設定可能。 ※12
再エンコード部分解析 出力時に再エンコードが行われる箇所の事前確認可能
(各プログラム毎に解析可能)
対応解像度 ※16 1920*1080 / 1440*1080 / 720*480
アスペクト比 画面アスペクト比 4:3 / 16:9
フレームレート ※17 29.97 fps
最大ビットレート ※18 20000kbps (映像のみ)
音声形式 MPEG-2 AAC (Low Complexity)
サンプリング周波数 32 / 48 kHz
チャンネルモード モノラル / ステレオ / デュアル / マルチ5.0・5.1ch
量子化ビット数 16 bit
音声ビットレート マルチ (5.0・5.1ch):
288 / 320 / 352 / 384 / 416 / 448 / 480 / 512 / 544 / 576 / 608 / 640 / 672 / 704 / 736 / 768 / 800 / 832 / 864 / 894 / 928 / 960 / 992 / 1024 / 1056 / 1088 / 1120 / 1152 / 1184 / 1216 / 1248 / 1280 / 1312 / 1344 / 1376 / 1408 / 1440 kbps

デュアル:
96 / 112 / 128 / 144 / 160 / 176 / 192 / 208 / 224 / 240 / 256 kbps

ステレオ:
96 / 112 / 128 / 144 / 160 / 176 / 192 / 208 / 224 / 240 / 256 kbps

モノラル:
48 / 56 / 64 / 72 / 80 / 88 / 96 / 104 / 112 / 120 / 128 / 136 / 144 / 160 / 168 / 176 / 184 / 192 kbps

デジタルコンテンツ保護出力仕様【対応iVDR®-Sデジタル録画ファイル】
出力モード 1クリップのみ。クリップ分割、連結不可。
再エンコード部分解析 出力時に再エンコードが行われる箇所の事前確認可能
対応解像度 ※16 1920*1080 / 1440*1080 / 720*480 / 320*240
アスペクト比 画面アスペクト比 4:3 / 16:9
フレームレート ※17 23.976 / 24 / 25 / 29.97 / 30 / 50 / 59.94 / 60 fps
最大ビットレート ※18 20000kbps (映像のみ)
音声形式 MPEG-2 AAC (Low Complexity)
サンプリング周波数 32 / 48 kHz
チャンネルモード モノラル / ステレオ / デュアル / マルチ5.0・5.1ch
量子化ビット数 16 bit
音声ビットレート マルチ (5.0・5.1ch):
288 / 320 / 352 / 384 / 416 / 448 / 480 / 512 / 544 / 576 / 608 / 640 / 672 / 704 / 736 / 768 / 800 / 832 / 864 / 894 / 928 / 960 / 992 / 1024 / 1056 / 1088 / 1120 / 1152 / 1184 / 1216 / 1248 / 1280 / 1312 / 1344 / 1376 / 1408 / 1440 kbps

デュアル:
96 / 112 / 128 / 144 / 160 / 176 / 192 / 208 / 224 / 240 / 256 kbps

ステレオ:
96 / 112 / 128 / 144 / 160 / 176 / 192 / 208 / 224 / 240 / 256 kbps

モノラル:
48 / 56 / 64 / 72 / 80 / 88 / 96 / 104 / 112 / 120 / 128 / 136 / 144 / 160 / 168 / 176 / 184 / 192 kbps

編集加工機能
映像加工
範囲の指定 指定したソースの範囲のみを出力可能
超高速シーク カット編集画面にて超高速シークによる軽快なカット編集作業が可能
アンドゥ/リドゥ機能 50回までのカット編集/範囲選択/キーフレーム設定作業などを記憶
再生音声ボリューム カット編集画面/出力プレビュー画面で編集時の音声再生ボリュームの変更が可能
カット編集機能 任意の箇所をカットし、残された部分を出力することが可能
指定した複数の範囲の一括カットに対応
キーフレーム挿入指定 MPEG 出力時に任意の位置に I フレームを挿入可能
キーフレームをクリップ分割点へ変更可能
キーフレームを チャプターとして使用可能 (Blu-ray などでは、チャプタポイントとして機能します。)
高度なキーフレーム追加 キーフレームを指定時間/指定間隔/指定数などの条件を設定して自動挿入が可能
クリップ分割点 分割点を基準に、1つのクリップを複数のクリップに分割することが可能
スマートシーンサーチ マウスのセンターホイールクリックで近隣のシーンチェンジ部分への移動が可能
シーンチェンジ検出 再エンコード部のシーンチェンジを検出し I フレームを自動挿入
アスペクト比変更 出力ファイルのアスペクト比を設定 (変更)可能
音声加工
音声ノイズ除去 動画録画時などに混入する音声のノイズを除去
音声ズレ補正 映像と音声の同期ズレを手動でミリ秒単位にて補正
音声ボリューム変更 音声ボリュームを0~500%の範囲で変更可能
音声正規化 音量の最大値を100%としてクリップ内でもっとも音量が大きいポイントが指定した%になるように変更
音声均一化 音声をピーク値/平均値などを基準に均一化
音声フェードイン・アウト クリップの音声の始めと終わりにフェード効果を付加可能
二ヶ国語音声 左 (主音声)のみ、または右 (副音声)のみでの出力が可能
* クリップ情報画面で設定可能

その他の機能
CM 候補検出 / 事前 CM 候補検出 クリップ を解析し、CM の可能性が高い候補位置を表示します。 検出された CM の候補位置は、キーフレームまたはクリップ分割点として出力し、クリップに反映させることができます。
事前 CM 候補検出では、複数のクリップの CM 候補位置を連続して検出することが可能です。また、検出された CM の候補位置は、キーフレームまたはクリップ分割点として自動で出力し、クリップに反映させることもできます(環境設定にて設定可能)。
DVD-Video / VR / Blu-ray / AVCHD 読み込み DVD-Video、DVD-VR、Blu-ray、AVCHD のデータを読み取り、チャプター情報なども引き継ぐことが可能 ※4※6
Media Center 読み込み対応 Media Center で録画された Microsoft TV 録画ファイル (dvr-ms, .wtv)が入力可能 ※7
PCastTV3/4 編集対応 BUFFALO 製 PCastTV3/4 (対応機器のみ) にて録画されたファイルの編集、ブルーレイディスクへの出力が可能
iVDR®-S編集対応 iVDR®-S (対応機器のみ) に録画されたファイルの編集、ムーブが可能
TS/PGMX/MXF 解析読み込み機能 MPEG-2 TS/PGMX/MXF に複数のストリームが含まれている場合、解析機能にて、映像 / 音声 の各データの選択読み込みが可能
* 対応外映像 / 音声コーデックのものは読み込めません。
Everio (エブリオ) 動画ファイル対応 日本ビクター株式会社のハードディスクムービー“Everio”で撮影した録画データ (MOD形式)の入力が可能
タイムコード補正 MPEG ファイルの入力 タイムコード補正された MPEG ファイルを音ズレ無く読み込むことが可能
単色クリップ追加機能 汎用性の高い単色、またはグラデーション映像の追加、及び静止画タイルの作成が可能
テロップ追加機能 1つのクリップにつき、1つのテロップを追加可能
編集画面のカスタマイズ [音声波形]や[サムネイル]の表示/非表示の切り替えや、表示範囲の拡大・縮小など、カスタマイズ可能
AAC/Dolby 音声解析機能 音声解析を行い、最大チャンネル数、及びチャンネル変更点の確認を行うことが可能。またチャンネル変更点を「キーフレーム」,「クリップ分割点」として登録可能
トランジション効果 クリップ間にトランジション効果を施すことが可能
画像ファイル保存 プレビュー画面上の映像を画像として保存可能 (BMP, JPG, PNG形式)
キーフレームファイル読み込み TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 上で、キーフレーム情報の保存・読み込みが可能
弊社製品 TMPGEnc Video Mastering Works 6 等で出力したキーフレームファイル (.keyframe) の読み込みに対応
キーフレームリストのプリセット キーフレームリストのプリセット登録に対応し、ファイル読み込み無しで、いつでも再利用が可能
クリップ分割点範囲のダイレクト登録 クリップ編集画面を閉じることなく、任意の分割範囲をダイレクトにクリップリストに登録可能
クイックカット機能 終了点(開始点)設定時に、カットボタンのクリック不要でそのままカット可能
出力プレビュー 出力される映像・音声をエンコード直前の状態で表示可能
複数ファイルの結合対応 スマートレンダリングによる複数ファイルの結合が可能 ※9
単一ファイル分割出力対応 1つのクリップをクリップ分割設定にて分割出力可能
再エンコード部分解析 出力時に再エンコードが行われる箇所の事前確認可能
クリップ毎出力の場合は各クリップ毎に解析可能
再エンコード部分のリストファイル出力に対応 出力時に再エンコード部分のリストファイルを出力可能
音声サンプリングレート変換 各サンプリングレートから任意のサンプリングレートへ高音質な状態で変換を行うことが可能 (8kHz~192kHz, 高精度 32bit フローティング処理)
CPU 優先度 CPU 優先度設定可能 (非アクティブ・アクティブ時にそれぞれ 5段階の設定が可能 高~低)
出力終了後の処理 シャットダウン、スタンバイ、休止状態に対応 (マシン / OS 環境に依存)
NVIDIA CUDA™の利用 NVIDIA 社の CUDA™ を使用し、フィルターの演算、MPEG-1/2、H.264/AVC 及び H.265/HEVC のハードウェアデコードを行うことが可能
* NVIDIA CUDA™ 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされ CUDA 機器が正しく動作している必要がございます。
Intel® Media SDKの利用 インテル社のQSVを使用し、 MPEG-2、H.264/AVC 及び H.265/HEVC のハードウェアデコードを行うことが可能
* QSV対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされ 正しく動作している必要がございます。
AMD Media SDKの利用 AMD社の Media SDK に対応し、H.264/AVC の ハードウェアデコードを行うことが可能
* AMD Media SDK 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされ 正しく動作している必要がございます。
ジョグダイヤル対応 カット編集画面でジョグダイヤル向けのショートカットキーを用意
Xbox360/One 用コントローラー対応 カット編集画面での開始点、終了点の設定、シーク、カットと主要な操作に対応
* コントローラーはWindows対応のものに限ります。
表示カラー設定 主要なメインパネルカラーの明度を調整可能。
* クリップ編集画面には適用されません。
バッチツール エンコード / 出力作業を複数個登録し、順次連続エンコード/出力作業が可能
MPEG ツール MPEG ファイルを映像と音声のファイルに分離/結合が可能
プロダクション ツール フォルダー監視でのクリップリスト作成、自動CM候補検出、自動シーク用インデックス作成機能を備えた編集作業軽減化ツールを搭載
ペガシスオンラインニュース配信機能 ペガシスからのアップデート情報などを受け取ることが可能

※1 VBR (可変ビットレート)で作成された MPEG-1 は、仕様によりマスタークリップに指定出来ないため単独での出力は行えません。マスタークリップとして使用可 能なファイル CBR (固定ビットレート)で作成された MPEG-1 ファイル、または DVD/Blu-ray など各規格準拠の物など)と共に入力し、レスキュークリップとして出力してください。(この場合、VBR の MPEG-1 クリップは再エンコードされ出力されます。)


※2 一部の機器または環境でキャプチャされたムービーデータは、音ズレなどの問題が発生する場合があります。あらかじめ、体験版でお試しになることをお勧めします。


※3 Victor GR-HD1、SONY HDR-FX1 / HC1 のトランスポートストリームファイルにて動作を確認しています。


※4 入力映像は、TMPGEnc シリーズで作成したファイル以外に、各種ビデオキャプチャー機器、DVD レコーダーなどで記録された映像を用いて動作の検証を行っております。一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。また、CPRM や CSS などの著作権保護された映像/音声を扱うことはできません。


※5 DVD-VR データを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.0 リーダー等が必要になります。Windows の通常の操作で、ファイルコピーなどファイルを扱う事ができない環境では、この機能をご利用できません。また、CPRM や CSS などの著作権保護された DVD を扱うことができません。


※6 Blu-ray (BDAV/BDMV) 形式のデータを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.5/2.6 リーダー等が必要になります。また、著作権保護された Blu-ray(BDAV/BDMV) を扱うことはできません。


※7 Microsoft TV 録画ファイル(.wtv)の読み込みには、録画を行ったパソコン、もしくは WTVファイルを作成可能なパソコンにて、著作権保護の使用されていないファイルの場合のみ読み込みが可能です。また、 1映像,1音声のファイル(それぞれ MPEG-2 映像と MP2/AC3 音声)に対応しています。


※8 Dolby Digital 音声は1ch (モノラル)、2ch (ステレオ)、マルチチャンネル (5.0, 5.1ch) の入力出力変換に対応。作成された Dolby Digital 音声は個人利用でのみご利用頂けます。
また、Dolby Digital 音声は同一システム上で同時に2つ以上エンコードを行えません。TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 本体の同時起動や、バッチツールとの併用、またはバッチツールでの複数同時出力は行えません。


※9 仕様の異なる MPEG ファイルの結合はマスタークリップを基準に行います。


※10 書き込みに対応したディスクドライブが必要です(BDXL 書き込みには対応していません)。BDAV 形式にはメニューをつけることができません。本機能は BDAV 準拠のファイルのみ対応いたします。また、入力されるファイルにより、出力される BDAV 規格フォーマットが異なってきます。


※11 プロファイル・レベルは MPEG-2 の入力ファイルに依存します。


※12 プレイヤーの機種によりチャプターが表示できない場合があります。


※13 SESF は、BDAV 対応プレーヤーで再生対応必須項目となっております。HDV 及び、他のHD 解像度の素材は、プレーヤーにより対応状況が異なります。


※14 各文字コードで出力した BDAV は各文字コードに対応したプレーヤーで視聴してください。


※15 表示にはディスクタイトル/プログラムタイトル名称表示、および各文字コードに対応のプレーヤーが必要です。


※16 各放送規格により最大・最小解像度は異なります。


※17 各放送規格により値は異なります。


※18 各放送規格や解像度により最大値は異なります。


※19 AAC (Advanced Audio Coding)音声読み込みは 5.1ch までのデータに対応。


※20 Dolby Digital Plus 音声読み込みは 7.1ch までのデータに対応。


●入力するファイルについて
  • 映像が一部破損しているファイルの場合、正しく認識できない場合があります。
  • 対応するフォーマットであっても、映像パラメーター等に依存して、スマートレンダリングできない場合がございます。あらかじめご了承願います。
  • DVD-Video/VR などのフォーマットで記録された VOB、VRO ファイルはファイル内部構造により正しく扱え無い場合があります。(追加ウィザード「DVD/Blu-ray/AVCHD から追加する」を選択し、読み込みを行ってください)
  • Blu-ray/AVCHD などのフォーマットで記録された MTS、M2TS ファイルはファイル内部構造により正しく扱え無い場合があります。(追加ウィザード「DVD/Blu-ray/AVCHD から追加する」を選択し、読み込みを行ってください)
  • CPRM、CSS、DRM などデジタル著作権保護された映像/音声を扱うことはできません。

  • 【PCastTV3/4 デジタル録画ファイル】
  • バッファロー社製対応製品以外からの入力はできません。事前に必ずご確認ください。
  • 録画ファイルの入力は、PCastTV3/4 が正しくインストールされており、また対応機器が正しく接続されている環境が必要です。
  • コピー回数が1 (またはコピーワンス)の場合や、コピーが禁止されているファイルの場合、編集や出力を行うことはできません。
  • MPEG-2ビデオで保存された番組のみの対応になります。
  • 1つの録画データ中にアスペクト比 (16:9/4:3) が混在している場合、出力設定「映像設定」内の「アスペクト比」で設定された比率側のみ最低限のエンコードで出力され、もう一方の比率側は映像に歪みが出ないように黒枠が付加され再エンコードされます。
  • CS 放送には対応しておりません。

  • 【iVDR デジタル録画ファイル】
  • アイ・オー・データ機器社製対応製品以外からの入力はできません。事前に必ずご確認ください。
  • iVDRからの入力は、「iVDR-S Media Server 4 (Ver.4.0.48.0 以降) 」もしくは「iVDR-S Media Server 3 (Ver.3.27.34.32 以降) 」が正しくインストールされており、また対応機器が正しく接続されている環境が必要です。
  • クリップリストに追加できるクリップは1つのみとなり、複数のクリップを編集することはできません。編集したい録画ファイルが複数存在する場合は、新たにプロジェクトを作成してください。
  • ムーブが禁止されている録画ファイルの場合、編集や出力を行うことはできません。
  • 1つの録画データ中にアスペクト比 (16:9/4:3) が混在している場合、出力設定「映像設定」内の「アスペクト比」で設定された比率側のみ最低限のエンコードで出力され、もう一方の比率側は映像に歪みが出ないように黒枠が付加され再エンコードされます。
  • スカパー!HD以外のH.264/AVC録画コンテンツの編集は動作保証外となります。

※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。


付録 スマートレンダリング判定条件 参考

※以下に記載されている判定条件リストは、主な項目のみを列挙しており、すべてのファイルへの適用が保障される訳ではありません。あらかじめご理解の上ご参照ください。
※ H.264/AVC フォーマットの場合のみ表記しています。あらかじめご容赦願います。



H.264/AVCファイル (MP4 / MKVコンテナ)

MP4/MKVコンテナに格納する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準
映像ストリーム形式 H.264/AVC
MPEG-4 MVC(AVCHD 3D規格データなど)の場合、左目のデータのみスマートレンダリング出力可能 (右目のデータは削除されます)
Closed GOP Closed GOPである事
「映像の幅」「映像の高さ」「フレームレート」 各プロファイル/レベルの範囲内である事
ビデオタイプ インターレース/プログレッシブ/2:2プルダウンのいずれかである事
インターレース符号方式 MBAFF、またはフィールドフレーム構造のみで構成された非MBAFFストリームである事
最大バッファリングフレーム数 各プロファイル/レベルの範囲内であり、16以下である事
最大参照フレーム数 各プロファイル/レベルの範囲内で16以下である事
最大リオーダーフレーム数 各プロファイル/レベルの範囲内で15以下である事
Direct 8x8 Inference Flag 1であること (ダイレクトモード予測は 8x8ブロック単位である事)
PPS
(Picture Parameter Set)
映像符号化のパラメータ記載部の下記情報が途中で変化せず一定である事
エントロピー符号化 「CABAC」または「CAVLC」のいずれかである事
Pフレーム重み付け予測モード 「なし」または「明示的(TVMW5ではシンプルもしくはスマート)」である事 (インタレース映像時の明示的 (Explict)モード には非対応)
Bフレーム重み付け予測モード 「なし」または「暗黙的」である事
(明示的 (Explict)モード には非対応)
8x8トランスフォーム 「許可」または「禁止」のいずれかである事
制約付きイントラ予測 「あり」または「なし」のいずれかである事
色差 QP オフセット 一定である事
量子化行列 一定である事

クリップを連結する場合の基準クリップと指定クリップ (連結される側)のスマートレンダリング判定基準
* 基準クリップと指定クリップは単体でのスマートレンダリング判定基準を満たしている必要があります。
映像ストリーム形式 同一である事
映像の幅・高さ・フレームレート 同一である事
映像ビデオタイプ (インターレース / プログレッシブ) 同一である事
フィールドオーダー (インターレース時のみ) 同一である事
YUVフォーマット 同一である事
プロファイル/レベル 連結される側の映像仕様が基準となるクリップのプロファイル / レベルと互換性がある事
ColorPrimaries (原色), Transfer Characteristics (転送特性), Matrix Coefficients
(マトリックス係数)
基準クリップと指定クリップの値と互換性があること
(例 SMPTE170M と ITU-R BT.470 など)
VBVバッファ VBVバッファの有無が一致している事 (VBVバッファ有りと無しのストリームは連結できません)
エントロピー符号化 (CAVLC, CABAC) 同一である事
インターレース符号方式 同一である事 (非MBAFF 構造のストリームとMBAFF構造のストリームの連結には非MBAFF ストリームはフィールド構造のみで構成されている事)
* MBAFF ストリームとフィールド + フレーム構造の双方で構成された非MBAFF ストリームを連結する場合、非MBAFF ストリームのフレーム構造部分は再エンコードされます。
Pフレーム重み付け予測モード / Bフレーム重み付け予測モード 同一である事
8x8トランスフォーム 同一である事
制約付きイントラ予測 同一である事
量子化行列 同一である事
色差 QP オフセット 同一である事

クリップを個別出力 (スマートレンダリング優先) で出力する際のスマートレンダリング判定基準
MP4/MKVコンテナに格納する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準に合致する事
基準クリップと指定クリップでビデオフォーマット (NTSC / PAL)が一致している事。
* 互換性のある設定 (HD解像度の 23.976 / 24fps など)で作成されている場合は問題ありません。


H.264/AVCファイル (PS / TSコンテナ)

MPEG-2 PS/TS コンテナに格納する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準
* TS (本項のトランスポートストリームは Blu-ray などと互換の TS 形式では無い一般的な TS を指します)
映像ストリーム形式 H.264/AVC
「映像の幅」 「映像の高さ」 「フレームレート」 各プロファイル / レベルの範囲内である事
ビデオタイプ インターレース / プログレッシブ / 2:2 プルダウンのいずれかである事
インターレース符号方式 MBAFF、またはフィールドフレーム構造のみで構成された非 MBAFF ストリームである事
最大バッファリングフレーム数 各プロファイル / レベルの範囲内であり、16以下である事
最大参照フレーム数 各プロファイル / レベルの範囲内で 16 以下である事
最大リオーダーフレーム数 各プロファイル / レベルの範囲内で 15 以下である事
Direct 8x8 Inference Flag 1であること (ダイレクトモード予測は 8x8 ブロック単位である事)
エントロピー符号化 「CABAC」 または 「CAVLC」のいずれかである事


クリップを連結する場合の基準クリップと指定クリップ (連結される側)のスマートレンダリング判定基準
* 基準クリップと指定クリップは単体でのスマートレンダリング判定基準を満たしている必要があります。
映像ストリーム形式 同一である事
映像の幅・高さ・フレームレート 同一である事
映像ビデオタイプ (インターレース/プログレッシブ) 同一である事
フィールドオーダー (インターレース時のみ) 同一である事
YUV フォーマット 同一である事
プロファイル / レベル 連結される側の映像仕様が基準となるクリップのプロファイル / レベルと互換性がある事
ColorPrimaries (原色), Transfer Characteristics (転送特性), Matri x Coefficients (マトリックス係数) 基準クリップと指定クリップの値と互換性があること
(例 SMPTE170M と ITU-R BT.470 など)
VBVバッファ VBV バッファの有無が一致している事 (VBV バッファ有りと無しのストリームは連結できません)
エントロピー符号化 (CAVLC, CABAC) 同一である事
インターレース符号方式 同一である事 (非 MBAFF 構造のストリームと MBAFF 構造のストリームの連結には非 MBAFF ストリームはフィールド構造のみで構成されている事)
* MBAFF ストリームとフィールド+フレーム構造の双方で構成された非MBAFFストリームを連結する場合、非MBAFFストリームのフレーム構造部分は再エンコードされます。


クリップを個別出力 (スマートレンダリング優先)で出力する際のスマートレンダリング判定基準
MPEG-2 PS / TSコンテナに格納する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準に合致する事
基準クリップと指定クリップでビデオフォーマット (NTSC / PAL) が一致している事。
* 互換性のある設定 (HD 解像度の 23.976 / 24fps など)で作成されている場合は問題ありません。


H.264/AVCファイル (BD / AVCHD 向け MPEG ファイル)

BDAV / BDMV / AVCHD 向けで出力する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準
映像ストリーム形式 H.264/AVC
AVCHD 3D 規格データの場合、左目のデータのみスマートレンダリング出力可能 (右目のデータは削除されます)
規格形式 「BDAV」 「BDMV」 「AVCHD」各規格に適合している事
主な適合必要点
解像度 720 x 480 (NTSC) / 720 x 576 (PAL) / 1280 x 720 / 1440 x 1080 / 1920 x 1080
フレームレート [NTSC] 23.976 / 24 (1280 x 720以上) / 29.97 / 59.94 (1280 x 720のみ) fps, [PAL] 23.976 (1280 x 720以上) / 24 (1280 x 720以上) / 25 / 50 (1280 x 720のみ) fps
プロファイル & レベル Main Profile / High Profile, Level3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1 / 4.2 (AVCHD for Progressive 時のみ)
Bluray (BDMV) 映像の最大ビットレート 40000kbps (Level4.1), 24000kbps (Level3.2 / Level4), 16800kbps (Level3.1), 12000kbps (Level3)
Bluray (BDAV) 映像の最大ビットレート 27150kbps (Level4.1), 24000kbps (Level3.2 / Level4), 16800kbps (Level3.1), 12000kbps (Level3)
AVCHD 最大ビットレート 上記 Blu-ray 制限且つ 23200kbps (AVCHD for HDD / Memory Media / for Progressive), 17350kbps (AVCHD for DVD), 27150kbps (AVCHD for Progressive の50 / 60P時)
Blu-ray 最大 VBV バッファサイズ 3662KB (Level4 / 4.1), 2929KB (Level3.2), 2050KB (Level3.1), 1464KB (Level3)
AVCHD 最大 VBV バッファサイズ 上記 Blu-ray 制限且つ 2929KB (AVCHD for HDD / Memory Media), 2197KB (AVCHD for DVD), 3417KB (AVCHD for Progressive の50 / 60P 時)
最大 GOP 長 29.97fps (PAL:25fps) 時 15Mbps 未満 最大60フレーム (PAL:50 フレーム) / 15Mbps 以上 最大30 フレーム (PAL:25フレーム), 23.976 / 24fps 時 15Mbps 未満 最大 48フレーム / 15 Mbps 以上 最大 24フレーム, 59.94fps (PAL:50fps) 時 最大 60フレーム (PAL:50 フレーム)
ビデオタイプ インターレース / プログレッシブ / 2:2 プルダウンのいずれかである事
映像スライス数 Level4.1 以上ではスライス数は4 以上である事
最大参照フレーム枚数 下表参照
最大B フレーム枚数 3枚
YUV 色空間 [NTSC] SD 解像度 SMPTE 170M / HD 解像度 ITU-R BT.709, [PAL] SD解像度 ITU-R BT.470-2 / HD 解像度 ITU-R BT.709
フレームに関する解像度・レベルでの上限表
解像度 レベル 最大バッファリングフレーム数 (最大 DPB フレーム数) 最大参照
フレーム枚数
最大リオーダー
フレーム数
720 x 480 L3 ~ 4.1 6 6 2
720 x 576 L3 5 5 2
720 x 576 L3.1 ~ 4.1 6 6 2
1280 x 720 L4 ~ 4.1 6 6 2
1440 x 1080
1920 x 1080
L4 ~ 4.1 4 4 2


クリップを連結する場合の基準クリップと指定クリップ (連結される側) のスマートレンダリング判定基準
* 基準クリップと指定クリップは単体でのスマートレンダリング判定基準を満たしている必要があります。
映像ストリーム形式 同一である事
映像の幅・高さ・フレームレート 同一である事
映像ビデオタイプ (インターレース / プログレッシブ) 同一である事
フィールドオーダー (インターレース時のみ) 同一である事
YUVフォーマット 同一である事
プロファイル / レベル 連結される側の映像仕様が基準となるクリップのプロファイル/レベルと互換性がある事
ColorPrimaries (原色), Transfer Characteristics (転送特性), Matrix Coefficients (マトリックス係数) 基準クリップと指定クリップの値と互換性があること
(例 SMPTE170M とITU-R BT.470 など)
VBVバッファ VBVバッファの有無が一致している事 (VBVバッファ有りと無しのストリームは連結できません)
エントロピー符号化 (CAVLC, CABAC) 同一である事
インターレース符号方式 同一である事 (非MBAFF構造のストリームとMBAFF構造のストリームの連結には非MBAFFストリームはフィールド構造のみで構成されている事)
* MBAFFストリームとフィールド+フレーム構造の双方で構成された非MBAFFストリームを連結する場合、非MBAFFストリームのフレーム構造部分は再エンコードされます。


クリップを個別出力 (スマートレンダリング優先)で出力する際のスマートレンダリング判定基準
BDAV / BDMV / AVCHD 向けで出力する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準に合致する事
基準クリップと指定クリップでビデオフォーマット (NTSC / PAL) が一致している事。
* NTSC / PALの差異は互換性のある設定 (HD解像度の23.976 / 24fpsなど) で作成されている場合は問題ありません。