VST Plug-in :Pegasys EQ-15

(ペガシス EQ-15)

VST_logo
 

価格: 無料 (フリーソフト)


Pegasys EQ-15は、 VST ( Steinberg's Virtual Studio Technology の略で、音声に様々な特殊効果を適用し、またその効果を調整できるプログラムを、プラグインとして提供するための規格の一つ) で動作するバンドイコライザーです。25Hz~16000Hzまで15の周波数帯で細かく波形を調整可能なだけで無く、各周波数帯は1クリックでオン/オフ切り替えが可能です。またIN/OUTミキサー機能やすべての調整スライダーを同期可能な”Link”機能など、シンプルでありながら十分な機能を備えています

対応製品:
  • TMPGEnc Video Mastering Works 5/6
  • その他VSTプラグインが動作するソフトウェア*
  • *他の製品上での動作は一切の保証を致しかねます。

EQ-15は、誰でもイメージするイコライザーインターフェースを採用していますので、特別な操作を覚える必要はありません。スライダーを上下に動かすだけでリアルタイムに音声に反映されます。

EQ-15では、25Hzから16000Hzまで15のバンド幅での調整が可能です。TMPGEnc Video Mastering Works 5などで映像音声を調整する場合には様々な範囲の音声ソースを扱うことがあり得ますので、最適と思われる周波数帯を配置しています。同様にマイナスレンジ側の調整においては、必要範囲が限られますので、調整幅は可能な限り短縮し、冗長な操作を軽減しております。



各周波数帯スライダー下部には、オン/オフボタンを備え、ワンクリックで、出力への反映を切り替えることができます。スライダーの位置はそのまま保持できますので、簡単に結果反映を確認できます。



EQ-15は広範囲のバンド調整が可能ですが、15バンドの各スライダーを調整することは煩雑な場合があります。 波形カーブとしては決定しているが、出力のみを調整したい場合などは、「LINK」ボタンが便利です。 「LINK」ボタンをクリックすると、1つのスライダーの操作に他のスライダーが高低差を保ったまま、同期して移動します。




EQ-15では入力音声、イコライザ-を経由した出力においてチャンネルミックスを変更することができます。


ソース入力側は5種類のミックスパターンから選択することができます。



出力側は4種類のミックスパターンを搭載しています。







最低必要動作環境
対応PC IBM PC互換機
対応OS - Windows 10 (32bit/64bit版)
- Windows 8 (32bit/64bit版)
- Windows 7 SP1 (32bit/64bit版)
- Windows Vista SP2 (32bit版)
- Windows XP SP3 (32bit版)
CPU PentiumⅢ 1.0GHz以上、もしくは同等性能以上のCPU
メモリ 256MB 以上
HDD空き容量 10MB程度
画面解像度 1024×768ピクセル以上
その他 対応製品がインストールされている環境 ※本ソフトウェアはあらゆるサポート・動作保証対象外となります。ご使用にあたっては自己責任となりますのでご注意の程願います。



 ご注意、商標、登録商標について
  • 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。
  • TMPGEnc 及び TE 記号は株式会社ペガシスの登録商標です。
  • VST PlugIn Interface Technology by Steinberg Media Technologies GmbH.