TMPGEnc Authoring Works 6

(ティーエムペグエンク オーサリングワークス 6)

Windows10_logo
 
対応入力ファイル
入力映像ファイル形式 MPEG-1 システムストリーム (.mpg, .mpeg, .mpv) *1 *2
MPEG-1 ビデオエレメンタリストリーム (.m1v)
MPEG-2 プログラムストリーム (.mpg, .mpeg, .m2p)*2
MPEG-2 エレメンタリストリーム (.m2v)
MPEG-2 トランスポートストリーム (.mpg, .ts, .m2t, .m2ts, .mts (HDV 形式を含む))*2 *3
H.264/AVC (.mp4, .m4v, .m4a, .mov, .264)
H.265/HEVC (.mp4, .hevc, .265)

DVD-Video*4
DVD-VR*4
Blu-ray (BDAV/BDMV) 対応映像・音声は本表記載の形式のみ *5
AVCHD (AVCHD 3Dは左側のデータのみ)*5
Microsoft TV 録画ファイル (.dvr-ms, .wtv) *6
Everio (エブリオ) 動画ファイル (.mod)
FLV (H.264)
MOV (H.264+Linear PCM (CANON製,ニコン製デジタル一眼カメラ作成データ))
MKV (.mkv) *MPEG リーダーで正しく読み込める映像ストリーム
XAVC S (.mp4)
PGMX (.pgmx, .mkv)
MXF (.mxf)

※MPEG-1 は YUV フォーマットが 8bit、4:2:0 のファイルのみ
※MPEG-2 は YUV フォーマットが 8bit、4:2:2 のファイルまで
※H.264/AVC は YUV フォーマットが 10bit、4:4:4 のファイルまで
※H.264/AVC の3Dデータは左側のみ対応
※H.265/HEVC は YUV フォーマットが 8/10bit、4:2:0 のファイルのみ


AVI (非圧縮、またはコーデックが正常にインストールされている物) *7
Quick Time ファイル (.mov, .qt, .mp4, m4a, m4v, .3gp, .3g2, .amc, .dv)*8
DivX ファイル (.divx,.avi (DivX形式の物))
Windows Media ファイル (.wmv, .asf)*9
WebM (.webm)
Ogg (Theora形式 .ogv, .ogx)
PV3/PV4 録画ファイル (.dv)*10
DirectShow で正常に読み込めるもの*11
MediaFoundation で正常に読み込めるもの*11
VFAPI で正常に読み込める物
画像ファイル (.bmp, .jpg, .jpeg, .psd, .png, .wmf, .emf, jpe, .rle, .dib .exif , .jfif, .gif, .wdp, .tiff, .jxr, .tif, .ico, .icon, .sgi, .tga)
ISO イメージファイル (.iso)*20
TMPGEnc Video Mastering Works 5/6 プロジェクトファイル (.tvmw5, .tvmw6) *22
入力音声ファイル形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ ( .mp2) *12
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ ( .mp3) *12
Dolby Digital (.ac3) *12 *13
Dolby Digital Plus (.ec3 (E-AC-3)) *13
Advanced Audio Coding (.aac) *14
High-Efficiency Advanced Audio Coding(HE-AAC) (.aac)
FLAC (.fla, .flac)
MKV (.mkv, .mka) *MPEG リーダーで正しく読み込める音声ストリーム
WAV (.wav 無圧縮、またはコーデックが正常にインストールされているもの。拡張 (Extensible) 形式対応)
AVI (.avi) で認識できる音声のもの *7
Windows Mediaファイル (.wma) *9
Ogg (Vorbis形式 .oga, .ogg)
Quick Time ファイル (.mov, .qt, .mp4, .m4a, .3gp, .3g2, .amc) *8
AIFF (.aif, aiff)
VFAPI で正常に読み込めるもの
Direct Show で正常に読み込めるもの *11
Media Foundation で正常に読み込めるもの *11

対応出力形式
出力形式 AVCHD (Memory Card、DVD、Progressive)
Blu-ray (BDMV)
DVD (DVD-Video)

MPEG システムエンコーダ部
出力形式 MPEG-1 システムストリーム (ISO / IEC 11172-1 準拠)
MPEG-2 プログラムストリーム (ISO / IEC 13818-1 準拠)
MPEG-2 トランスポートストリーム (ISO/IEC 13818-1 準拠)

MPEG ビデオエンコーダー部
出力形式 MPEG-1 Video (ISO / IEC 11172-2 準拠)
MPEG-2 Video (ISO / IEC 13818-2 準拠)
H.264/AVC (ISO/IEC 14496-10 準拠)
アスペクト比の設定 1:1/4:3/16:9
フレームレートの設定 入力ファイルに依存
エンコード方式 CBR / VBR (1パス、2パス、トランスコード)*
プロファイル&レベル MPEG-2 :MP@ML、MP@HL
H.264/AVC :Main Profile/High Profile,Level3/3.1/3.2/4/4.1/4.2**
ビデオフォーマット PAL / NTSC
VBV バッファサイズ プロファイル&レベルに依存
パフォーマンス MPEG-2 4段階 誤り訂正付き対応 ***
MPEG-4 AVC 7段階 ***

* トランスコードは MPEG-2 出力設定時のみです。また 1パスはハードウェアエンコーダ0、及び H.264/AVC 出力設定時のみとなります。2パス及びトランスコードは、ハードウェアエンコーダーでは使用できません。
** Level 4.2 は AVCHD Progressive 使用時のみとなります。
*** ハードウェアエンコーダー使用時は「標準」のみとなります。


MPEG オーディオエンコーダ部
出力設定 自動設定 (最低限のエンコード)
手動設定 (全てを再エンコード)
手動設定 (規格対応外および特定フォーマットのみ)
出力形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ(ISO / IEC 11172-3 準拠)
Dolby Digital *15
Linear PCM
ビットレート MP2 (ステレオ):
64 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 / 384 kbps
MP2 (モノラル):
32 / 48 / 56 / 64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 kbps
Dolby Digital (ステレオ):
128 / 160 / 192 / 224 / 256 / 320 / 384 / 448 kbps kbps
Dolby Digital (モノラル):
64 / 80 / 96 / 112 / 128 / 160 / 192 / 224 / 256 kbps
Dolby Digital (5ch):
384 / 448 / 640 kbps*
Dolby Digital (5.1ch):
384 / 448 / 640 kbps*
Linear PCM
・DVD-Video の場合

Linear PCM (ステレオ):
1536 (16/48) / 1920 (20/48) / 2304 (24/48) / 3072 (16/96) / 3840 (20/96) / 4608 (24/96) kbps
Linear PCM (モノラル):
768 (16/48) / 960 (20/48) / 1152 (24/48) / 1536 (16/96) / 1920 (20/96) / 2304 (24/96) kbps

・AVCHD / Blu-ray の場合
Linear PCM (モノラル/ステレオ):
1536 (16/48) / 1920 (20/48) / 2304 (24/48) / 3072 (16/96) / 3840 (20/96) / 4608 (24/96) kbps
Linear PCM (3ch/4ch):
768 (16/48) / 960 (20/48) / 1152 (24/48) / 1536 (16/96) / 1920 (20/96) / 2304 (24/96) kbps
Linear PCM (5ch/5.1ch):
4608 (16/48) / 6912 (20/48) / 6912 (20/48) / 9216 (16/96) / 13824 (20/96) / 13824 (24/96) / 18432 (16/192) / 27648 (20/192) / 27648 (24/192) kbps
Linear PCM (7ch/7.1ch):
6144 (16/48) / 9216 (20/48) / 9216 (24/48) / 12288 (16/96) / 18432 (20/96) / 18432 (24/96) kbps **
サンプリング周波数 48 kHz / 96 kHz / 192 kHz ***
量子化ビット数 16 / 20 / 24 bit (Linear PCM のみ)
チャンネルモード MPEG-1 Audio :モノラル / ステレオ / ジョイントステレオ
Dolby Digital : モノラル / ステレオ / 5ch / 5.1ch
Linear PCM :モノラル / ステレオ / 3c h / 4ch / 5ch / 5.1ch / 7ch / 7.1ch ****

* 640kbpsは、AVCHD/Blu-ray フォーマットのみとなります。
** 7ch / 7.1ch は、96000Hz 以下でのみ使用可能です。
*** 96kHz / 192kHz は、Linear PCM のみ。また 192kHz は Blu-ray / AVCHD フォーマットのみとなります。
**** DVD-Video ではステレオまでとなります。


DVD-Video 出力仕様
出力ファイル DVD-Video 形式に準拠した DVD-Video 構成ファイル
(ifo ファイルと VOB ファイル)
MPEG形式
MPEG-1
MPEG-2
エンコード方式
CBR
CBR / VBR
インターレース
-
プログレッシブ
再生時3:2プルダウン
-
プロファイル&レベル
-
MP@ML
映像方式
NTSC / PAL
対応解像度
NTSC 352*240
PAL 352*288
NTSC: 720*480 / 704*480 / 352*480 / 352*240
PAL: 720*576 / 704*576 / 352*576 / 352*288
GOP構造
最大18フレーム /PAL:15フレーム、及び XDVD 仕様の物
画面アスペクト比
4:3 / 16:9
4:3 / 16:9
フレームレート
29.97 fps (NTSC) / 25 fps (PAL)
最大ビットレート
1856kbps (映像のみ) / 9848kbps (映像+音声)
9800kbps (映像のみ) / 9848kbps (映像+音声)
VBV バッファサイズ
40KB
224KB
音声ファイル形式
MPEG-1 Audio Layer Ⅱ(.mp2)
Dolby Digital (.ac3 5.1ch 448kbps まで)
Linear PCM (.wav 非圧縮 24bit 96kHzまで)

Blu-ray (BDMV) 出力仕様
出力フォルダ構成 BDMV フォルダ (BDMV 以下のフォルダ,ファイル群)
MPEG形式 MPEG-2 / H.264/AVC
エンコード方式 CBR / VBR
インターレース インターレース / 再生時3:2プルダウン *
プログレッシブ プログレッシブ / プログレッシブ (2:2プルダウン) *
プロファイル&レベル MPEG-2:MP@ML、MP@HL
MPEG-4 AVC:Main Profile / High Profile,Level3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1
映像方式 NTSC / PAL
対応解像度 720*480(NTSC )/ 720*576(PAL) / 1280*720 / 1440*1080 / 1920*1080
GOP構造 MPEG-2:最大30フレーム (PAL:25フレーム)
H.264/AVC:最大60フレーム (PAL:50フレーム) **
画面アスペクト比 4:3 / 16:9
フレームレート NTSC:23.976 / 24 (1280x720以上) / 29.97 (1280x720除く) / 59.94 (1280x720のみ) fps
PAL:23.976 (1280x720以上) / 24 (1280x720以上) / 25(1280x720除く) / 50 (1280x720のみ) fps
最大システムビットレート 映像+音声+字幕の合計 45000 kbps (多重化処理用含む)
映像の最大 40000 kbps ***
VBV バッファサイズ 0KB ~3662KB *内部自動設定
音声ファイル形式 Dolby Digital (.ac3 5.1chまで)
Linear PCM (.wav 非圧縮 24bit / 96kHz ,24bit / 192kHzまで)
* BDMV の規格上 20bit と 24bit 及びチャンネル数は2チャンネル毎 (3chと4ch等)に同じビットレートとなります。

* 使用エンコーダーによって指定可能な値は異なります。
** ビットレート及びフレームレートにより最大値が変動します。
*** プロファイル&レベルによって使用可能最大値は異なります。
※ VC-1,Dolby Digital True HD,DTS,DTS HD 等を収録したオーサリングには対応しておりません。
※ BD-J/Live には対応しておりません。


AVCHD 出力仕様
出力フォルダー構成 AVCHD フォルダ (AVCHD 以下のフォルダ,ファイル群)
MPEG 形式 H.264/AVC
エンコード方式 CBR / VBR (1パス、2パス) *
インターレース インターレース / 再生時3:2 プルダウン **
プログレッシブ プログレッシブ / プログレッシブ (2:2プルダウン) **
プロファイル&レベル Main Profile / High Profile,Level3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1 / 4.2 ***
映像方式 NTSC / PAL
対応解像度 720*480 (NTSC) / 720*576 (PAL) / 1280*720 / 1440*1080 / 1920*1080
GOP構造 最大60フレーム (PAL:50フレーム) ****
画面アスペクト比 4:3 / 16:9
フレームレート NTSC:23.976 / 24 (1280x720以上) / 29.97 (1280x720除く) / 59.94 (1280x720、Progressiveのみ) fps
PAL:23.976 (1280x720以上) / 24 (1280x720以上) / 25(1280x720除く) / 50 (1280x720、Progressiveのみ) fps
クリップの最大ビットレート SD カード/ SD カード再生機器再生用 23200 kbps (多重化処理用含む) ※
DVD メディア再生用 17350 kbps
AVCHD Progressive 機器再生用 27150 kbps (多重化処理用含む) (トラックの映像が1080 50/60pの場合)
音声ファイル形式 Dolby Digital (.ac3 5.1chまで)
Linear PCM (.wav 非圧縮 24bit/96kHz ,24bit/192kHzまで)
* AVCHD の規格上 20bitと24bit 及びチャンネル数は2チャンネル毎 (3chと4ch等) に同じビットレートとなります。

* 2パスはハードウェアエンコーダーでは使用できません。
** 使用エンコーダーによって指定可能な値は異なります。
*** Level 4.2 は AVCHD Progressive 使用時のみとなります。
**** ビットレート及びフレームレートにより最大値は変動します。
※ AVCHD HDD カメラでの再生はできません。SD カードを通じた再生のみとなります。
※ Memory Stick メディアでの再生はできません。


編集加工機能
映像加工
DVD / Blu-ray / AVCHD メニューの編集 DVD / Blu-ray* / AVCHD のメニュー画面の編集を行うことが可能
* ハイビジョンメニュー,ポップアップメニュー対応
範囲の指定 指定したソースの範囲のみを出力可能
指定した複数の範囲の一括カットに対応
超高速シーク カット編集画面にて超高速シークによる軽快なカット編集作業が可能
複数ファイルの結合対応 *16 スマートレンダリングによる複数ファイルの結合が可能
アンドゥ / リドゥ機能 カット編集 / 範囲選択 / チャプター設定など、編集作業内容を記憶
再生音声ボリューム カット編集画面 / シミュレーション画面で編集時の音声再生ボリュームの変更が可能
カット編集機能 任意の箇所をカットし、残された部分のみを出力することが可能
指定した複数の範囲の一括カットに対応
チャプター挿入指定 任意の位置にチャプターを挿入可能
チャプターを分割点へ変更可能
クリップ分割点 分割点を基準に、1つのクリップを複数のクリップに分けることが可能
高度なチャプター追加 時間/間隔/数など、条件を設定してチャプター/クリップ分割の自動挿入が可能
高速描写モード 映像のプレビュー描画を高速化
スマートシーンサーチ マウスのセンターホイールクリックで近隣のシーンチェンジ部分への移動が可能
シーンチェンジ検出 再エンコード部のシーンチェンジを検出し I フレームを自動挿入
アスペクト比変更 出力ファイルのアスペクト比を設定 (変更)可能
音声加工
音声ノイズ除去 録画時などに混入する音声のノイズを除去可能
音声ズレ補正 映像と音声の同期ズレを手動でミリ秒単位にて補正可能
音声ボリューム変更 音声ボリュームを 0~500% の範囲で変更可能
音声正規化 音量の最大値を 100% として、クリップ内でもっとも音量が大きいポイントが指定した%になるように変更
音声均一化 音声をピーク値/平均値などを基準に均一化
音声フェードイン・アウト クリップの音声の始めと終わりにフェード効果を付加可能
マルチストリーム音声 音声4ストリームの DVD / Blu-ray / AVCHD の作成が可能
二ヶ国語音声 左 (主音声)のみ、または右 (副音声)のみ、または左右別チャンネルでの出力が可
音声変換機能 DVD / BD / AVCHD など各規格から外れる音声ファイルを入力した場合に高音質な状態で規格に適した形式に変換を行うことが可能
音声サンプリングレート変換 各サンプリングレートから任意のサンプリングレートへ高音質な状態で変換を行うことが可能 (48kHz、96kHz、192kHz,高精度32bitフローティング処理)
トラック BGM 編集 各トラックに BGM となる音声ファイルの追加・編集が可能

その他の機能
編集用プロシキファイル対応 高解像度映像の編集を軽快に行うための編集用ファイルの作成が可能
5段階の画質・容量設定、並びにエンコーダーの選択が可能 (出力結果には影響しません。)
MPEG-2 トランスコード出力対応 DVD / Blu-ray (MPEG-2出力時) の各規格に適合した MPEG-2 映像素材を入力されている場合高速出力可能なトランスコード技術を使用し、DVD/Blu-ray の各モードでディスクメディア (1層/2層)に適したサイズに変換して出力することが可能
* 映像素材により指定サイズまで縮めきれない場合があります。
* トラックの設定で容量調整から除外に設定している場合、本機能は動作しません。
1パス / 2パスフルエンコード対応 DVD / Blu-ray / AVCHD の各規格内、または規格内ではない映像ファイルをフルエンコードすることで各規格に適合したデータを作成することが可能
2 パスフルエンコードの場合、処理時間は増加しますが、画質、及び出来上がりサイズをより指定値に近くすることができます。
* ハードウェアエンコーダーでは1パス処理となります。
スマートレンダリング対応 MPEG ファイルのスマートレンダリング出力が可能
トランジション効果 クリップ間にトランジション効果を施すことが可能
スライドショー機能 静止画ファイルを素材にスライドショーの作成が可能
入力した静止画ファイルをファイル名や撮影日時でソートしたり、画像間にトランジション効果を施すことも可能
MPEG ツール *17 MPEG ファイルを映像と音声のファイルに分離 / 結合が可能
ディスクライティング機能 *18 オーサリング作業からシームレスに DVD / BD ディスクへの書き込みが可能
単色クリップ追加機能 汎用性の高い単色、またはグラデーション映像の追加、静止画タイル及び QR コードクリップの作成が可能
編集画面のカスタマイズ [音声波形]や[サムネイル]の表示/非表示の切り替えや、表示範囲の拡大・縮小など、カスタマイズ可能
字幕対応 DVD-Video / Blu-ray (BDMV) では 8 ストリームまで、AVCHD では 2 ストリームまで、プレイヤーや再生機器で切り替え可能な字幕の編集が可能(テキスト字幕、画像字幕 *、QRコード字幕の作成が可能、また SRT タグ形式対応)
*Blu-ray (BDMV) のみ
クリップボード機能 プレビュー画面上の映像を画像(BMP形式)として保存可能
タイムコード補正 MPEG ファイルの入力 *19 タイムコード補正された MPEG ファイルを音ズレ無く読み込むことが可能
チャプター情報ファイルの保存/読み込み チャプター情報ファイルの保存・読み込みが可能
弊社製品 TMPGEnc Video Mastering Works シリーズ、TMPGEnc MPEG Smart Rederer シリーズで出力したキーフレーム情報ファイル(.keyframe)の読み込みに対応
TS / PGMX / MXF 解析読み込み機能 MPEG-2 TS / PGMX / MXF ファイルに複数のストリームが含まれている場合、解析機能にて、映像 / 音声 / 字幕( ISDB / DVB / クローズドキャプション/プレーンテキスト)の各データの選択読み込みが可能
* 対応外映像 / 音声コーデックのものは読み込めません。
DVD-Video/VR 読み込み *5 DVD-Video や DVD-VR のデータを読み取り、チャプター情報なども引き継ぐことが可能
Media Center 読み込み対応 *8 Media Center で録画された Microsoft TV 録画ファイル (.dvr-ms, .wtv)が入力可能
バッチオーサリングツール*21 オーサリング / 出力作業を複数個登録し、順次連続オーサリング / 出力作業が可能
Pegasys プロジェクトファイル読み込み機能*22 弊社製 TMPGEnc Video Mastering Works シリーズ(別売)のプロジェクトファイルをクリップとして追加可能
Intel® Media SDK の利用 インテル社のQSVを使用し、 MPEG-2、H.264/AVC 及び H.265/HEVC のハードウェアデコード、MPEG-2、H.264/AVC のハードウェアエンコードが可能
* Intel® Media SDK は対応 CPU 以外では、ソフトウェア動作となります(デコーダーのみ)。
* インテル社製対応 CPU (Sandy Bridge コア以降) ならびに対応ドライバーでIntel Quick Sync Video 機能が動作する環境が必要です。
* Intel® Media SDK を用いたデコード/エンコードの処理はそれぞれ MPEG デコーダー選択、及び MPEG エンコーダーの設定が必要です。ハードウェア処理対応のCPU が使用可能な場合、Intel Media SDK Hardware が使用可能です。
* ハードウェアエンコーダーを使用できない場合は、ソフトウェアエンコーダーが使用されます。
NVIDIA CUDA™ の利用 NVIDIA 社の CUDA™ を使用し、フィルターの演算、MPEG-1/2、H.264/AVC 及び H.265/HEVC のハードウェアデコードを行うことが可能
* NVIDIA CUDA™ 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされている必要がございます。
NVIDIA NVENCの利用 NVIDIA 社の NVENC エンコーダー に対応し、H.264/AVC のハードウェアエンコード(プロキシファイル作成のみ)を行うことが可能
* NVIDIA NVENC 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバーがインストールされ 正しく動作している必要がございます。
AMD Media SDKの利用 AMD社の Media SDK に対応し、H.264/AVC のハードウェアデコード/エンコード(プロキシファイル作成のみ)を行うことが可能
* AMD Media SDK 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされ 正しく動作している必要がございます。
ジョグダイヤル対応 カット編集画面でジョグダイヤル向けのショートカットキーを用意
Smart Tap Contoller 対応 TMPGEnc Authoring Works 6 のカット編集操作を iPhone/iPad 上からコントロールできる編集補助コントローラー「Smart Tap Controller」に対応
シミュレーション機能対応 出力される DVD / BD / AVCHD 映像・音声・メニューをオーサリング直前の状態で表示可能
CPU 優先度 CPU 優先度設定可能 (非アクティブ・アクティブ時にそれぞれ5段階の設定が可能 低~高)
出力後の処理 シャットダウン、スタンバイ、休止状態に対応 (マシン / OS 環境に依存)
ペガシスオンラインニュース配信機能 ペガシスからのアップデート情報などを受け取ることが可能

*1 VBR (可変ビットレート) で作成された MPEG-1 のファイルのスマートレンダリングには対応していません。


*2 一部の機器または環境でキャプチャされたムービーデータは、音ズレなどの問題が発生する場合があります。あらかじめ、体験版でお試しになることをお勧めします。


*3 フリーソフトなどでマルチプレクスされたファイルは正しく読み込みができない場合があります。


*4 DVD-VR データを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.0 リーダー等が必要になります。Windows の通常の操作で、ファイルコピーなどファイルを扱う事ができない環境では、本機能をご利用できません。また、CPRM や CSS などの著作権保護された DVD は読み込むことができません。


*5 Blu-ray (AVCHD/BDMV/BDAV) フォーマットで記録された MTS ファイルはファイル内部構造により正しく扱えない場合があります。(追加ウィザードにて読み込みを行ってください)。Blu-ray (BDAV/BDMV) 形式のデータを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.5/2.6 リーダー等が必要になります。また、著作権保護された Blu-ray(BDAV/BDMV) を扱うことはできません。


*6 Microsoft TV 録画ファイル (.wtv) の読み込みには、録画を行ったパソコン、もしくは WTV ファイルを作成可能なパソコンにて、著作権保護の使用されていない、フォーマットが映像 (MPEG-2, H.264/AVC),音声 (MP2, AC3, AAC) のファイルに対応しています


*7 入力 AVI が弊社確認済みのコーデックが使われた TYPE-2 DV の場合は映像に YUV 色空間の 4:4:4 補間が適用され、より高画質に処理できます。また、非圧縮 AVI を除く AVI ファイルの読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム)が必要です。Type-1 DV などの DirectShow 経由での読み込みは基本的に環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声が同時に2本以上同時に開けないコーデックを利用している場合、2クリップ目以降の音声が出力されません。


*8 QuickTime ファイルの読み込みには QuickTime 7.7.6 以降のインストールが必要です。(音声が複数のトラックで構成されている QuickTime ファイルの場合、音声が正しく扱えない場合があります。)


*9 インターネットからのライブ配信データを直接扱うことはできません。
Windows Media デジタル著作権管理 (DRM)で保護されているファイルは扱えません。
シーカブル属性 (頭出し可能) が無いファイルの読み込みはできません。


*10 PV3 録画ファイルの読み込みには、アースソフト社製「AviUtl プラグイン EARTH SOFT DV.aui Ver 2.4.4 または Ver 3.0.1」が正しくインストールされている環境が必要です。Ver 2.4.4,3.01 以外のバージョンは動作対象外となります。
AviUtl プラグイン EARTH SOFT DV.aui Ver 2.4.4で録画されたデータの読み込みには Ver 2.4.4 が、Ver 3.0.1で録画されたデータの読み込みには Ver 3.0.1 のインストールがそれぞれ必要となります。
また PV3 録画ファイルの音声を扱う場合は録画時の音声形式は LPCM データである必要があります。


*11 DirectShow/MediaFoundation 経由での読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム) が必要です。また、個々の PC 環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声に特殊形式 (VBR、ogg等) の物を利用している場合、音声がずれたり出力されない場合があります。


*12 VBR のファイルにも対応。


*13 Dolby Digital Plus 音声読み込みは 7.1ch までのデータに対応しています。


*14 AAC (Advanced Audio Coding) 音声読み込みは 5.1ch までのデータに対応。また、AAC 音声のスマートレンダリング出力には対応しておりません。(Dolby Digital,LPCM,MP2 などの他形式に変換し、出力可能です)


*15 Dolby Digital 音声は同一システム上で同時に2つ以上エンコードを行えません。TMPGEnc Authoring Works 6 本体の同時起動や、バッチオーサリングツールとの併用は行えません。


*16 仕様の異なる MPEG ファイルの結合はマスタークリップを基準に行います。 スマートレンダリングできないクリップは、再エンコードでの結合となります。


*17 MPEGツールでは TMPGEnc シリーズで出力した MPEG ファイルをサポートいたします。
(ハードウェアエンコーダーや他社製ソフトウェアエンコーダーで作成した MPEG ファイルは正しく扱えない場合があります。)


*18 書き込みに対応したディスクドライブが必要です(BDXL 書き込みには対応していません)。


*19 一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。


*20 ISO イメージファイルの読み込みは、DVD-Video / Blu-ray / AVCHD のオーサリングデータのイメージのみ読み込み可能です。通常のMPEGファイル等には対応しておりません。また、Windows 7 では ISO イメージファイルの読み込みにアプリケーション同梱の ImDisk Virtual Disk Driver のインストールが必要になります。


*21 バッチオーサリングツールでの複数同時出力や TMPGEnc Authoring Works 6 本体との同時書き出しは行うことはできません。


*22 TMPGEnc Video Mastering Works 5 Ver.5.2.0.62 以降で作成されたプロジェクトファイルが対象です。それ以前のバージョンで作成されたプロジェクトファイルは追加することはできません。
本機能を利用する際は、TMPGEnc Video Mastering Works 5/6 が本製品と同じ環境にインストールされている必要があります。


ご注意事項

  • DVD-Video / VR などのフォーマットで記録された VOB、VRO ファイルはファイル内部構造により正しく扱えない場合があります。追加ウィザード「DVD、BD、AVCHD、HDD カメラ、メモリーカードリーダーなどから追加する」にて読み込みを行ってください。
  • 入力映像は、TMPGEnc シリーズで作成したファイル以外に、各種ビデオキャプチャー機器、DVD レコーダー、カメラなどで記録された映像を用いて動作の検証を行っております。一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。また、CPRM や CSS などの著作権保護された DVD を扱うことができません。
  • 本製品でオーサリングされた DVD-Video・Blu-ray はプレスコピーには使用することができません。当該使用における如何なる損害に対する補償から株式会社ペガシスは免責されるものとします。