新製品「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 (ティーエムペグエンク エムペグ スマート レンダラー 5)」の発売のお知らせ

2015年11月6日

株式会社ペガシス(墨田区両国 代表取締役社長 堀 良通、 以下ペガシス)は、高速カット/スマートレンダリング編集ツール 「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」の後継製品として、新たに「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 (ティーエムペグエンク エムペグ スマート レンダラー 5)」を、2015年11月12日に発売いたします。また本日先行体験版を公開いたしました。

製品種別 高速カット/スマートレンダリング編集
対応PC IBM PC/AT 互換機
(特にノートPCの場合、冷却が十分に行われるようにご注意ください)
仮想環境などでの動作はサポートしておりません。
対応OS - Windows 10
- Windows 8.1
- Windows 7 SP1
   ※64bit OS 専用となります。
商品名 TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5
(ティーエムペグエンク エムペグ スマート レンダラー 5)
商品形態 ダウンロード版ライセンス販売
標準価格 ダウンロード版  :6,648円(税抜)
発売日 ダウンロード版  :2015年11月12日 (木)
製品紹介ページ 製品についてはこちらからご覧になれます。

製品コンセプト

更に高速に。スマートに。
突き詰められた映像カットツールは更なる領域に。

カッティングツールのデファクトスタンダードが更に進化
H.265/HEVC のスマートレンダリングに対応

「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」は、MPEG動画フォーマットに特化した高速映像カッティングツールです。 映像をできる限り高速に、詳細にカットできることをコンセプトに設計されており、編集箇所以外は可能な限り無劣化で出力する「スマートレンダリング」機能により、超高速の出力を実現しています。
前バージョンでは、「エンコードしない生活」の確立をコンセプトに、H.264/AVC に対応し、市場にある動画ファイルのスマートレンダリングを広くカバーすることで、カッティングツールとしてのデファクトスタンダードの地位を築けたと自負しております。
本バージョンでは、MPEG-1/2、H.264/AVC に加え、新たに次世代映像フォーマット "H.265/HEVC" にも対応、更に幅広い範囲でのスマートレンダリング対応を訴求すると共に、カッティングツールは「編集作業が高速に、そしてスムーズに行えなければならない」という原点を見直すことをコンセプトにおいています。内部処理を一から見直すことはもちろん、シーク動作やカット手順の精査など、プログラム以外の要素にも多く追求しています。また、CM候補検出などをフォルダー監視で自動実行する新たなツール「プロダクションツール」など、編集の事前準備にも効率化がされる機能を追加しています。Blu-ray(BDAV)出力や iVDR®-S 編集機能なども搭載し、高画質で高速なカット編集、出力を実現します。



 主な追加機能


※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。

※ プレスリリース内容の訂正について。本リリース掲載時点において、H.265/HEVCのスマートレンダリング について世界初 (弊社調べ) の記載がございましたが、既に対応済みの製品が販売されていたことを確認いたしました。当該記載については訂正し、謝罪させていただきます。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ペガシス
広報担当:齋藤
本件に関するお問い合わせはこちら




前のページに戻る