• slidebg1
    最高のエンコーダーは新たな創造の世界へと誘う。
    ダウンロード版 11月21日 販売開始。
    仕様一覧

TMPGEnc Video Mastering Works 7

(ティーエムペグエンク ビデオマスタリングワークス 7)

 
対応入力ファイル
入力映像ファイル形式 MPEG-1 システムストリーム (.mpg, .mpeg, .mpv)*1 *2
MPEG-1 ビデオエレメンタリストリーム (.m1v)
MPEG-2 プログラムストリーム (.mpg, .mpeg, .m2p)*2
MPEG-2 エレメンタリストリーム (.m2v)
MPEG-2 トランスポートストリーム (.mpg, .ts, .m2t, .m2ts, .mts (HDV 形式を含む))*2 *3
H.264/AVC (.mp4, .m4v, .m4a, .mov, .264)
H.265/HEVC (.mp4, .hevc, .265)
DVD-Video*4
DVD-VR*4
Blu-ray (BDAV/BDMV) 対応映像・音声は本表記載の形式のみ *5
AVCHD *5
PGMX (.pgmx, .mkv)
XAVC S (.mp4)
FLV (H.264)
MKV (.mkv) *MPEG リーダーで正しく読み込める映像ストリーム
Microsoft TV 録画ファイル(.dvr-ms, .wtv) *6
Everio (エブリオ) 動画ファイル (.mod)
MOV (H.264+Linear PCM (CANON製,ニコン製デジタル一眼カメラ作成データ))
MXF (.mxf)

※MPEG-1 は YUV フォーマットが 8bit、4:2:0 のファイルのみ
※MPEG-2 は YUV フォーマットが 8bit、4:2:2 のファイルのみ
※H.264/AVC は YUV フォーマットが 10bit、4:4:4 のファイルまで
※H.264/MVC の3Dデータは左側のみ対応
※H.265/HEVC は YUV フォーマットが 10bit、4:2:2 のファイルまで

AVI (非圧縮、またはコーデックが正常にインストールされている物)*7
Quick Time ファイル (.mov, .qt, .mp4, m4a, m4v, .3gp, .3g2, .amc, .dv)*8
DivX ファイル (.divx,.avi (DivX形式の物))
Windows Media ファイル (.wmv, .asf)*9
WebM (.webm)
Ogg (Theora 形式 .ogv, .ogx)
PV3/PV4 録画ファイル (.dv) *10
Apple ProRes (4444 XQ, 4444, 422 HQ, 422, 422 LT, 422 Proxy)
Cinema Raw Light (.CRM)
DirectShow で正常に読み込めるもの*11
Media Foundation で正常に読み込めるもの*11
VFAPI で正常に読み込める物
画像ファイル (.bmp, .jpg, .jpeg, .jp2, .j2c, .j2k, .jpc, .jpf, .jpx, .jpm, .psd, .png, .dpx, .tga, .sgi, .exr, .wmf, .emf, .dib, .rle, .gif, .ico, .icon, .jpe, .jfif, .exif, .tiff, .tif, .dng, .wdp, .jxr, .dds, .heic, .heif, .heics, .avcs, .heifs, .ARW, .CR2, .CRW, .ERF, .KDC, .MRW, .NEF, .NRW, .ORF, .PEF, .RAF, .RAW, .RW2, .RWL, .SR2, .SRW, .DNG)
ISO イメージファイル(.iso)*20
入力音声ファイル形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ (.mp2)*12
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ (.mp3)*12
Dolby Digital (.ac3) *12 *13
Dolby Digital Plus(.ec3 (E-AC-3))*13
Advanced Audio Coding (.aac)*14
FLAC (.fla, .flac)
MKV (.mkv, .mka) * MPEG リーダーで正しく読み込める音声ストリーム
WAV (.wav 無圧縮、またはコーデックが正常にインストールされているもの。拡張 (Extensible) 形式対応)
AVI (.avi) で認識できる音声のもの*7
Windows Mediaファイル (.wma) *9
Ogg (Vorbis 形式 .oga, .ogg)
Opus (.opus, .webm, .caf)
Quick Time ファイル (.mov, .qt, .mp4, .m4a, .3gp, .3g2, .amc) *8
AIFF (.aif, .aiff)
VFAPI で正常に読み込めるもの
Direct Show で正常に読み込めるもの*11
Media Foundation で正常に読み込めるもの*11
対応出力形式
出力形式 DVD 向け MPEG ファイル (NTSC/PAL (MP@ML))
HDV 向け MPEG ファイル (HDV-HD1, HDV-HD2)
AVCHD 向け MPEG ファイル (NTSC/PAL(HDD/メモリー, DVD, Progressive 向け))
Blu-ray 向け MPEG ファイル (NTSC/PAL(BDAV, BDMV))
モバイル向け MPEG ファイル (PS Vita, iPhone 4以降, iPhone 5以降, iPhone 6s/6s Plus 以降, 第3世代 iPad 以降, スマートフォン/タブレット汎用)
YouTube 向け MPEG ファイル (標準/360度映像/VR映像, 4K サイズ対応)
iV VIDEO 向け MPEG ファイル *21

MPEG-1 (NTSC/PAL)
MPEG-2 (NTSC/PAL (MP@LL, MP@ML, MP@H-14, MP@HL, MP@HPL, HP@ML, HP@H-14, HP@HL, 422P@ML, 422P@HL))
H.264/AVC (NTSC/PAL (baseline, Main, High))
H.265/HEVC (Main)
MKV (Matroska) (映像 : MPEG-1/2, H.264/AVC, H.265/HEVC, VP8, VP9,
音声 : MP2/MP3,MPEG-4 AAC, DolbyDigital, LinearPCM, FLAC, Opus, Vorbis)
WebM (.webm, 映像 : VP8, VP9, 音声 : Opus, Vorbis)
FLV (H.264)
AVI (コーデックに依存)
Windows Media ファイル (Windows Media Technology のバージョンに依存)
Quick Time ファイル (.mov) (QuickTime 7.7.6 以降必須)
DivX ファイル (.divx, .avi)
XAVC S MP4 ファイル (.mp4)
Ogg (.ogv, 映像 : Theora, 音声 : Vorbis)
連番静止画ファイル (BMP, JPEG, JPEG 2000, JPEG XR, PNG,DPX, OpenEXR, TIFF)
アニメーション画像ファイル (GIF, PNG)

WAVE ファイル (コーデックに依存、非圧縮 5.1ch まで)
MPEG Audio 音声ファイル (MPEG-1 Audio Layer Ⅱ/Ⅲ)
Dolby Digital 音声ファイル (1ch,2ch (Stereo/Dual), 5ch, 5.1ch)
Windows Media 音声ファイル (Windows Media Technology のバージョンに依存)
AIFF ファイル (モノラル, ステレオ)
FLAC ファイル
Opus ファイル

MPEG 出力の仕様

* 各形式により設定可能値は変動します。
* 標準エンコーダー以外をご使用の場合、各エンコーダーにより一部機能が制限される場合があります。
MPEG システムエンコーダー部
出力形式 MPEG-1 システムストリーム (ISO/IEC 11172-1 準拠)
MPEG-2 プログラムストリーム (ISO/IEC 13818-1 準拠)
MPEG-2 トランスポートストリーム (ISO/IEC 13818-1 準拠)
MP4 (ISO/IEC 14496-12/14/15準拠)
Matroska (MKV)
FLV (H.264)
WebM
MPEG ビデオエンコーダー部
出力形式 MPEG-1 Video (ISO/IEC 11172-2 準拠)
MPEG-2 Video (ISO/IEC 13818-2 準拠)
H.264/AVC (ISO/IEC 14496-10 準拠)
H.265/HEVC (ISO/IEC 23008-2 準拠)
VP8
VP9
映像エンコーダー MPEG-1/2, VP8, VP9 : 標準エンコーダー *15
H.264/AVC : x264エンコーダー *15
H.265/HEVC : x265エンコーダー *15
アスペクト比の設定 MPEG-1/2 : 1:1/4:3/16:9/2.21:1 (MPEG-2のみ)
H.264/AVC, H.265/HEVC, VP8, VP9 : 1:1/4:3/16:9/2.21:1/12:11/10:11/16:11/40:33/
24:11/20:11/32:11/80:33/18:11/15:11/64:33/160:99/3:2/2:1/カスタム
フレームレートの設定 MPEG-1/2 : 23.976/24/25/29.97/30/50/59.94/60 fps
H.264/AVC, H.265/HEVC, VP8, VP9 : 1/2/3/4/5/6/8/10/12/12.5/14.985/15/20/
23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904
/96/100/119.88/120/191.81/192/200/239.76/240 fps
レート調整モード CBR (固定ビットレート)
VBR (2パス平均ビットレート) : MPEG-1/2 : 標準エンコーダー, H.264/AVC : x264, H.265/HEVC : x265
VBR (1パス平均ビットレート) : H.264/AVC : x264, H.265/HEVC : x265,
Intel Media SDK, NVENC
VBR (固定品質)
VBR (固定量子化) : H.264/AVC : Intel Media SDK, NVENC, H.265/HEVC : NVENC, VP8, VP9
ロスレス : VP9
プロファイル&レベル MPEG-2 :
MP@LL, MP@ML, MP@H-14, MP@HL, MP@HPL, HP@ML, HP@H-14, HP@HL, 422P@ML, 422P@HL
H.264/AVC :
プロファイル/Baseline, Main, High, High 10, High 422, High 444 Predictive, High 10 Intra, High 422 Intra, High 444 Intra *
レベル/自動, 1, 1b, 1.1, 1.2, 1.3, 2, 2.1, 2.2, 3, 3.1, 3.2, 4, 4.1, 4.2, 5, 5.1, 5.2, 6, 6.1, 6.2
* High 10 以降は x264 エンコーダーのみ
H.265/HEVC :
プロファイル/Main, Main 10, Main 422 10
レベル/自動, 1, 2, 2.1, 3, 3.1, 4, 4.1, 5, 5.1, 5.2, 6, 6.1, 6.2
(レベル 4~6.2 では High tier が指定可能) *
VP9 : 8bit, 4:2:0、8bit, 4:2:2/4:4:4、10/12bit, 4:2:0、10/12bit, 4:2:2/4:4:4
VBV バッファサイズ 自動/任意設定 (プロファイル&レベルに依存)
エントロピー符号化 CAVLC/CABAC
* H.265/HEVC は CABAC のみ
ビデオタイプ インタレース/プログレッシブ/再生時 3:2 プルダウン/逆 3:2 プルダウン/プログレッシブ (2:2 プルダウン)
* H.265/HEVC, VP8, VP9 はプログレッシブのみ
フィールドオーダー トップフィールドファースト/ボトムフィールドファースト
パフォーマンス MPEG-1/2 (標準エンコーダー) : やや速い~遅い (4段階)
H.264/AVC (x264) : 最速~とても遅い (7段階)
H.265/HEVC (x265) : UltraFast~とても遅い (9段階)
VP8 : やや速い~やや遅い (3段階)
VP9 : やや速い~やや遅い (3段階)
動き検索精度 MPEG-1/2 (標準エンコーダー) : 規定値選択式 (4種 誤り訂正付き対応)
H.264/AVC (x264) : 規定値選択式 (5種)
H.265/HEVC (x265) : 規定値選択式 (6種)
* High tier では同レベル設定よりも高いビットレートが指定可能となります。

MPEG オーディオエンコーダー部
出力形式 Linear PCM
MPEG-1 Audio Layer Ⅱ (ISO/IEC 11172-3 準拠)
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ (ISO/IEC 11172-3 準拠)
Dolby Digital (AC-3)*16
MPEG-2 AAC Main Profile/LowComplexity(LC)/HE-AAC/HE-AAC v2 (ISO/IEC 13818-7)
MPEG-4 AAC Main Profile/LowComplexity(LC)/HE-AAC/HE-AAC v2 (ISO/IEC 14496-3)
FLAC
Opus
Vorbis
ビットレート MP2 (Stereo) : 64/96/112/128/160/192/224/256/320/384 kbps
MP2 (Monaural) : 32/48/56/64/80/96/112/128/160/192 kbps
MP3 (Stereo/Monaural) : 32/40/48/56/64/80/96/112/128/160/192/224/256/320 kbps
Dolby Digital (Stereo, Dual Channel) : 128/160/192/224/256/320/384/448 kbps
Dolby Digital (Monaural) : 64/80/96/112/128/160/192/224/256 kbps
Dolby Digital (5ch, 5.1ch) : 384/448/640 kbps
Linear PCM (Stereo) : 1536(16/48)/1920(20/48)/2304(24/48)/3072(16/96)/
3840(20/96)/4608(24/96) kbps
Linear PCM (Monaural) : 768(16/48)/960(20/48)/1152(24/48)/1536(16/96)/
1920(20/96)/2304(24/96) kbps
Linear PCM (MultiChannel) * : 4608 (16/48/5.1)/13824(24/96/5.1)/
36864(24/192/7.1ch) kbps
* MPEG-2 Transport (HDMV/AVCHD),ES 出力設定時のみ MultiChannel 設定が可能、記載ビットレートは一部抜粋。48/96/192kHz,モノラル/ステレオ/3/4/5/5.1/7/7.1ch,16/20/24/32/64bit の各設定でビットレート値が変動します。
MPEG-2/4 AAC Main Profile/LowComplexity(LC) : 12 (8kHz/mono)~2880 kbps (96kHz/5.1ch)
MPEG-2/4 HE-AAC v2 : 16 (32kHz/mono)~288 (48kHz/5.1ch) kbps
MPEG-2/4 HE-AAC v2 : 16 (32kHz)~144 (48kHz) kbps
* サンプリング周波数やチャンネル数によって使用可能ビットレートは異なります。
FLAC : 不定
Opus (Monaural) : 8/16/32/64/128/160/192/224/256 kbps
Opus (Stereo) : 16/32/64/128/192/256/320/384/448/512 kbps
Opus (3.1ch) : 24/48/96/192/288/384/480/576/672/768 kbps
Opus (4ch) : 32/64/128/256/384/512/640/768/896/1024 kbps
Opus (5ch) : 40/80/160/320/480/640/800/960/1120/1280 kbps
Opus (5.1ch) : 48/96/192/384/576/768/960/1152/1344/1536 kbps
Opus (7.1ch) : 64/128/256/512/768/1024/1280/1536/1792/2048 kbps
Vorbis : 16~1904 kbps
* サンプリング周波数やチャンネル数によって使用可能ビットレートは異なります。
サンプリング周波数 MP2/MP3/Dolby Digital :
32 kHz (.mp2, .ac3 のみ) /44.1 kHz (.mp2, .ac3 のみ) /48 kHz
MPEG-2/4 AAC Main Profile/LowComplexity(LC) : 8/11.025/12/16/ 22.05/
24/32/44.1/48/64/88.2/96 kHz
MPEG-2/4 HE-AAC : 16/22.05/24/32/44.1/48/64/88.2/96 kHz
MPEG-2/4 HE-AAC v2 : 16/22.05/24/32/44.1/48 kHz
Linear PCM : 8/11.025/12/16/22.05/24/32/44.1/48/64/88.2/96/128/176.4/192 kHz
* 出力するストリームの種類によって設定可能値は異なります。
FLAC : 8/16/22.05/24/32/44.1/48/88.2/96/176.4/192 kHz
Opus : 8/12/16/24/48 kHz
Vorbis : 16/22.05/24/32/44.1/48 kHz
量子化ビット数 16 bit, 20/24 bit (FLAC/Linear PCM のみ), 32/64 bit Float (Linear PCM ES 出力時のみ), 32 bit Float (Opus/Vorbis のみ)
チャンネルモード モノラル/ステレオ/ジョイントステレオ (mp2)/デュアル
Dolby Digital/MPEG-2/4 AAC (LC)/FLAC は 5.1ch まで
Linear PCM/Opus/Vorbis は 7.1ch (Linear PCMは ES/TS (HDMV/AVCHD) /MKV 時) まで
HE-AAC ではモノラル,ステレオ,5.1ch
HE-AAC v2 ではステレオのみ
(マルチチャンネル音声は出力設定に従いダウンミックス出力)
MPEG-1/2 及び共通詳細オプション設定
192バイトパケット出力 MPEG-2 TS ストリーム出力時のパケットサイズで192バイトパケットが選択可能
PID 設定 PMT, PCR, 映像, 音声のPID の指定が可能
* MPEG-2 TS コンテナ出力時のみ
キーフレームを I フレーム
としてエンコード
キーフレームを I フレームとしてエンコードします。
また、キーフレームを情報ファイルとして出力可能
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能。またテンプレートから任意の設定を選択可能
ビデオフォーマット 自動設定, Component, NTSC, PAL, SECAM, MAC, Unspecified
YUV 色空間設定 原色 (Color Primaries) : ITU-R BT.709, ITU-R BT.470 System M,
ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M

転送特性 (Transfer Characteristics) : ITU-R BT.709, ITU-R BT.470 System M, ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M, Linear, Logarithmic 100:1,
Logarithimic 316.22777:1, IEC 61966-2-4 (xvyCC), ITU-R BT.1361

マトリクス係数 (Matrix Coefficients) :
ITU-R BT.709, FCC, ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M, YCgCo

*MPEG-1 ビデオでは設定できません
半画素・全画素単位検索の
最適化
0.5ピクセル単位の細かい検索の最適化が可能
DC 成分精度 8/9/10 ビット
ブロックノイズソフト化 パラメータ設定によりブロックノイズをソフトにします
* 各パラメータの詳細は各出力設定のページをご確認下さい。

H.264/AVC, H.265/HEVC 詳細オプション設定
ストリーミング向け出力 ヘッダをファイルの先頭に置き、全てをダウンロードしなくても再生できるようにします。
* MP4 コンテナ使用時
Apple 携帯機器向け
コンテナに対応
一部の Apple 携帯機器で必要となる AVCbaselineLowComplexityProfileBox を使用可能
* MP4 コンテナ使用時
キーフレームを I フレーム
としてエンコード
キーフレームを I フレームとしてエンコードします。
また、キーフレームを情報ファイルとして出力可能
3D/VR メタデータ 360度カメラ等で撮影した映像や VR デバイス向け映像など、3D/VR/360度映像の判定に必要なメタデータを出力ファイルに付与します。
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能。またテンプレートから任意の設定を選択可能
ビデオフォーマット Component, NTSC, PAL, SECAM, MAC, Unspecified
色空間設定 原色 (Color Primaries) : ITU-R BT.709, ITU-R BT.470 System M, ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M, GenericFilm, ITU- R BT.2020, SMPTE ST 428-1, SMPTE RP 431-2 (DCI-P3 Theater), SMPTE EG 432-1 (DCI-P3 D65), EBU Tech. 3213-E

転送特性 (Transfer Characteristics) : ITU-R BT.709, ITU-R BT.470 System M, ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M, Linear, Logarithmic 100:1, Logarithmic 316 22777:1, IEC 61966-2-4 (xvYCC), ITU-R BT.1361, IEC 61966-2-1 (sRGB/sYCC), ITU-R BT.2020, ITU-R BT.2100 PQ, SMPTE ST 428-1, ITU-R BT.2100 HLG

マトリクス係数 (Matrix Coefficients) : ITU-R BT.709, FCC, ITU-R BT.470 System B, G, SMPTE 170M, SMPTE 240M, YCgCo, ITU-R BT.2020 Non-Constant, SMPTE ST 2085, Chromaticity-Derived Non-Constant, ITU-R BT.2100 ICtCp, GBR (H.264/AVC High 4:4:4選択時のみ)
HDR メタデータ設定 HDR 動画の判定に必要なカラーメタデータを出力ファイルに付与
マスタリングディスプレイの色度座標や最大/最小輝度などの情報を指定可能です。
192バイトパケット出力 MPEG-2 TS ストリーム出力時のパケットサイズで192バイトパケットが選択可能
エンコード参照枚数指定 映像の参照枚数を指定可能
規格向け調整オプション ストリームの構造を Blu-ray 向け/AVCHD 向け/XAVC S 向けに調整します。
* 本オプションを有効にしたのみでは規格準拠にはならない場合があります。MPEG ファイル出力で本オプション適用後に各規格に沿った設定を行っていただく必要があります。
通常は Blu-ray/AVCHD/XAVC S 向けファイル出力をご使用ください。
* x264 エンコーダー以外では仕様により本オプションを使用できない場合がございます。
* H.265/HEVC では本オプションは使用できません。
* 他の詳細なパラメータの解説は各出力設定のページをご確認下さい。

GOP 構造設定
GOP 構造の編集 Bフレームび最大参照フレーム枚数や GOP のフレーム数を指定可能
編集用ビットストリーム出力 Closed GOP : GOP 間で依存性がないようにします
Open GOP : GOP を依存性のある Bフレームから始めます
シーケンスヘッダー出力 GOP 毎に映像データの情報をヘッダに記載可能
シーンチェンジ検出 シーンチェンジを検出し I フレームを自動挿入可能。検出感度も設定可能
* 使用するエンコーダーによって指定可能な GOP 構造設定値は異なります。

その他の設定
チャプター格納 MP4/MKV コンテナ使用時、キーフレームをチャプター情報として格納可能
(チャプター名の記載はカット編集画面のキーフレームリストを右クリックで可能)
* QuickTime プレイヤーではプレイヤーの対応言語以外の文字列の表示が出来ない場合があります。
メタデータ格納 MP4/MKV コンテナ使用時「タイトル/サブタイトル/アーティスト/著作権/コメント」のメタデータを格納可能
* 格納メタデータの確認には対応プレイヤーが必要です。
サムネイル画像作成 キーフレーム指定箇所を利用して、ポータブルゲーム機器などで使用するサムネイル (JPEG 形式) を作成します。
(先頭フレームの画像、または先頭キーフレームの画像でサムネイルを作成可能)

WebM ファイル出力設定
出力コーデック 映像 : VP8/VP9
音声 : Opus/Vorbis
コンテナタイプ WebM
サイズ 2x2~8192x8192
アスペクト比 1:1/4:3/16:9/2.21:1/12:11/10:11/16:11/40:33/24:11/20:11/32:11/80:33/18:11/15:11/64:33/160:99/3:2/2:1/カスタム
フレームレート 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904/96/100/119.88/120/191.81/192/200/239.76/240 fps
レート調整モード CBR (固定ビットレート)
VBR (平均ビットレート/固定品質/固定量子化)
ロスレス (VP9 のみ)
ビデオタイプ プログレッシブ
パフォーマンス やや速い~やや遅い (3段階)
音声 サンプリング周波数 :
Opus : 8/12/16/24/48 kHz
Vorbis : 16/22.05/24/32/44.1/48 kHz
チャンネルモード : モノラル/ステレオ/3ch/4ch/5ch/5.1ch /7.1ch
ビットレート : 16~2048kbps *
GOP 構造設定 GOP 構造の編集 : GOP のフレーム数を指定可能
編集用ビットストリーム出力 : Closed GOP : GOP 間で依存性がないようにします
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能。またテンプレートから任意の設定を選択可能
HDR メタデータ設定 : HDR 動画の判定に必要なカラーメタデータを出力ファイルに付与
マスタリングディスプレイの色度座標や最大/最小輝度などの情報を指定可能です。
その他の設定 チャプター格納 : キーフレームをチャプター情報として格納可能
(チャプター名の記載はカット編集画面のキーフレームリストを右クリックで可能)
メタデータ格納 : 「タイトル/サブタイトル/アーティスト/著作権/コメント」のメタデータを格納可能
* 格納メタデータの確認には対応プレイヤーが必要です。
サムネイル画像作成 : キーフレーム指定箇所を利用して、ポータブルゲーム機器などで使用するサムネイル (JPEG 形式) を作成します。(先頭フレームの画像、または先頭キーフレームの画像でサムネイルを作成可能)
* サンプリング周波数・チャンネルモードによって設定可能ビットレート値は異なります。

FLV ファイル出力設定
コンテナタイプ FLV File Format
出力形式 映像 : H.264/AVC
音声 : MPEG-4 AAC LowComplexity(LC)/HE-AAC/HE-AAC v2 (MPEG オーディオエンコーダーの項参照)
プロファイル&レベル プロファイル/Baseline,Main,High,High 10,High 422,High 444 Predictive
レベル/自動, 1, 1b, 1.1, 1.2, 1.3, 2, 2.1, 2.2, 3, 3.1, 3.2, 4, 4.1, 4.2, 5, 5.1
サイズ 48x48~4096x4096
アスペクト比の設定 ピクセルアスペクト比 1:1
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/8/10/12/12.5/14.985/15/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60 fps
レート調整モード * CBR (固定ビットレート)
VBR (2パス平均ビットレート)
VBR (1パス平均ビットレート)
VBR (固定品質)
VBR (固定量子化)
ビデオタイプ インタレース/プログレッシブ/再生時 3:2 プルダウン/プログレッシブ (2:2プルダウン)
VBV バッファサイズ 自動/任意設定 (プロファイル&レベルに依存)
エントロピー符号化 CAVLC/CABAC
パフォーマンス 最速~とても遅い (7段階)
GOP 構造の編集 * Bフレーム及び最大参照フレーム枚数や GOP のフレーム数を指定可能
編集用ビットストリーム出力 * Closed GOP : GOP 間で依存性がないようにします
Open GOP : GOP を依存性のある Bフレームから始めます
シーンチェンジ検出 * シーンチェンジを検出し I フレームを自動挿入可能。検出感度も設定可能
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能。またテンプレートから任意の設定を選択可能
HDR メタデータ設定 : HDR 動画の判定に必要なカラーメタデータを出力ファイルに付与
マスタリングディスプレイの色度座標や最大/最小輝度などの情報を指定可能です。
その他の設定 メタデータ格納 : 「タイトル/アーティスト/著作権」のメタデータを格納可能
* 格納メタデータの確認には対応プレイヤーが必要です。
サムネイル画像作成 : キーフレーム指定箇所を利用して、ポータブルゲーム機器などで使用するサムネイル (JPEG 形式)を作成します。(先頭フレームの画像、または先頭キーフレームの画像でサムネイルを作成可能)
* 使用するエンコーダーによって指定可能な設定値は異なります。

AVI ファイル出力設定
出力形式 映像 : Windows インストール済みコーデック (VCM)
音声 : Windows インストール済みコーデック (ACM)
コンテナタイプ AVI 1.0 / AVI 2.0 (自動判定)
サイズ 8x8~8192x8192
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904/96/100/119.88 fps
* 25/29.97/30ではインタレースも選択可能 (コーデックによって異なります)
ビットレート コーデックに依存
映像コーデック設定 コーデックが持っている設定を指定可能
アルファチャンネル アルファチャンネルが指定可能なコーデック (非圧縮 RGBA 32bit 等) ではアルファチャンネルを含んだ状態で出力が可能
音声 コーデックに依存
Linear PCM 形式の場合 192kHz 7.1ch (サラウンド), 64bit (浮動小数点形式) までの出力が可能
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能
その他の設定 メタデータ格納 : 「タイトル/アーティスト/著作権/コメント」のメタデータを格納可能
* 格納メタデータの確認には対応プレイヤーが必要です。

Windows Media ファイル出力設定

Windows Media ファイル (映像) 出力設定
映像コーデック Windows Media Video V7
Windows Media Video V8
Windows Media Video 9
Windows Media Video 9 Advanced Profile
* OS 内の Windows Media Technology に依存 (Windows Media Video V7, V8, 9 では使用できる一部機能が使用できません)
エンコード方式 CBR/VBR (1パス,2パス各方式)
サイズ 32x32~4096x4096
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904/96/100/119.88/120/191.81/192/200/239.76/240 fps
* 25/29.97/30ではインタレースも選択可能
アスペクト比の設定 1:1/4:3/16:9/2.21:1/10:11/40:33/12:11/16:11/カスタム
データレート 1kbps~51.2Mbps
その他の設定 映像品質設定、パフォ-マンス設定、マーカー登録機能
メタデータ格納 : 「タイトル/アーティスト/著作権/コメント」のメタデータを格納可能
* 格納メタデータの確認には対応プレイヤーが必要です。

Windows Media ファイル (音声) 出力設定
音声コーデック Windows Media Audio 9.2/10 (Professional /Lossless)
* OS 内の Windows Media Technology に依存
エンコード方式 CBR/VBR (1パス,2パス各方式)
サンプリングレート 8~96kHz (コーデックに依存)
データレート 8~768kbps (コーデックに依存)
チャンネル数 1ch~7.1ch (コーデックに依存)
量子化ビット数 16bit/24bit (コーデックに依存)

Quick Time ファイル出力設定 *
出力形式 映像 : QuickTime 設定内で指定可能なコーデック
音声 : QuickTime 設定内で指定可能なコーデック
コンテナタイプ MOV
サイズ 32x32~4096x4096 **
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904/96/100/119.88/120/191.81/192/200/239.76/240 fps
* 25/29.97/30ではインタレースも選択可能(コーデックによって異なります)
ビットレート コーデックに依存
音声 コーデックに依存
* QuickTime 7.7.6 以降のインストールが必要です。
** 指定コーデックにより使用可能値は異なります。


DivX ファイル出力設定
出力形式 映像 : DivX 6
音声 : MPEG-1 Audio Layer Ⅲ (MPEG オーディオエンコーダーの項参照)
AVI コンテナタイプ AVI 1.0 / AVI 2.0 (OpenDML 形式)
アスペクト比の設定 1:1/4:3/16:9
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/50/59.94/60 fps
レート調整モード 1パス固定ビットレート/1パス固定品質/マルチパス (4パスまで可能)
プロファイル QMobile/Mobile/Home Theater/HD 720p/HD 1080p
レベル 低品質 (Low Level), 標準品質 (Medium Level), 高品質 (High Level)
パフォーマンス 最も優れた品質 (画質優先) ~ 最速 (速度優先) (6段階)
双方向のコード化 アダプティブ シングル コンセキュティブ,アダプティブ マルチプル コンセキュティブ
ノイズ除去の強さ 最強~弱、無し (5段階)
量子化タイプ H.263/H.263 (最適化)/MPEG
サイコビジュアル強化 マスキング/シェービング
その他 GMC の使用、クォーターピクセル検出の使用
* プロファイル・レベルによって設定可能値が異なります。
* DivX ファイル出力は初期設定では 約 1950MB で分割出力されます。ファイル分割サイズは 4MB~4032MB の範囲で設定可能です。2GB を超える DivX ファイルは DivX Player などで再生できない場合があります。
* DivX HD 1080p プロファイルでは AVI 2.0 (OpenDML 形式) のみ選択可能です。
* AVI 2.0 (OpenDML 形式) では DivX HD 1080p プロファイルに対応していないプレイヤーでは正しく再生できない場合があります。


XAVC S MP4 ファイル出力設定
出力コーデック 映像 : H.264/AVC
音声 : Linear PCM
映像エンコーダー x264 エンコーダー
コンテナタイプ MP4
プロファイル&レベル Main/High,Level 4~5.2
サイズ 1280 x 720, 1440 x 1080, 1920 x 1080, 3840 x 2160 *
アスペクト比の設定 16:9
フレームレートの設定 23.976/25/29.97/50/59.94/100/119.88 fps *
ビデオタイプ プログレッシブ
レート調整モード VBR (平均ビットレート 1パス/2パス)
エントロピー符号化 CAVLC/CABAC
パフォーマンス 最速~とても遅い (7段階)
GOP フレーム数 1~600 フレーム **
音声 Linear PCM : 48kHz ステレオ 16bit 1536kbps
カラープロファイル カラープロファイルの設定が可能
* プロファイル&レベル、解像度設定によって設定可能値が異なります。
** 最大値は 5秒分 (23.976fps 時 : 120フレーム、119.88fps 時 : 600フレームなど) までとなります。


Ogg ファイル出力設定
出力形式 映像 : Theora
音声 : Vorbis
コンテナタイプ OGG
サイズ 16x16~4096x4096
フレームレートの設定 1/2/3/4/5/6/7.5/8/10/12/12.5/14.985/15/19.98/20/23.976/24/25/29.97/30/47.952/48/50/59.94/60/71.928/72/75/89.91/90/95.904/96/100/119.88/120/191.81/192/200/239.76/240 fps
ビットレート 64kbps~100Mps
品質ベースエンコード設定 0~63 の範囲で設定可能
* 品質ベース設定時にビットレートは指定できません。
キーフレーム間隔 1~8192 フレーム
音声 サンプリング周波数 : 16/22.05/24/32/44.1/48 kHz
チャンネルモード : モノラル/ステレオ/3ch/4ch/5ch/5.1ch/7.1ch
ビットレート : 16~640kbps *
* サンプリング周波数・チャンネルモードによって設定可能ビットレート値は異なります。



編集加工・その他の機能の仕様

編集加工機能
タイムライン編集
ソースモニター 編集内容やフィルター設定などを反映して表示するタイムラインプレビューとは別に、オリジナルソースをプレビュー可能
レイヤー追加 映像/音声レイヤー、フィルターレイヤにそれぞれ32レイヤー配置可能
サブタイムライン機能 タイムラインレイヤー構造を維持したまま、複数のクリップをグループ化 (サブタイムライン化) することができます。
クロップモード機能 プレビュー上で、映像の周りをクロップ (切り取り) 可能
スナップ機能 プレビュー上でのクロップやサイズ変更などの操作時、またはタイムラインレイヤーでのクリップやフィルター範囲の移動時に、ラインや他のクリップへスナップ (吸着) することが可能
プレビューアイテムのキーボード操作 プレビュー上のアイテムに対し、キーボード操作による移動・回転・クロップ操作が可能
イン点・アウト点機能 タイムラインの範囲選択が可能
イン点~アウト点の範囲をクリップボードへコピーしたり、出力範囲に変換することができます。
テロップ機能 影やぼかし、ベベルなど、文字装飾を施した文字をクリップとして登録でき、画面内の移動アニメーションや半透明化など映像とマッチングした文字が表示可能
時間の経過と共に文字装飾が変化するカラオケワイプに対応しています。
テロップのアニメーション対応 テロップの先頭または末尾にアニメーションを設定可能
100種類以上のアニメーションパターンから選択でき、またアニメーションの動作に関する設定も可能です。
ナレーション録音機能 パソコンに接続されたマイクを使用し、プレビュー画面を見ながら直接ナレーション音声の録音が可能 (マイクは別途ご用意ください)
字幕フィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上にスクロール表示やフェードイン・アウト、ルビ付き文字表示に対応した字幕の追加が可能
色調補正フィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上に色調補正を適用可能
映像の明るさやコントラスト、彩度など色調を補正します。
映像ぼかしフィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上にぼかし処理を適用可能
映像全体にぼかし処理を適用します。(縦/横方向のぼかしの強さが設定可能)
ソフトフォーカスフィルター
レイヤー
タイムラインの指定時間軸上にソフトフォーカスを適用が可能
映像全体にガウスぼかしなどの柔らかいぼかし効果を適用します。
映像光彩フィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上に映像光彩を適用可能
映像全体に柔らかなぼかしを加え、光を放つことで幻想的な華やかな効果を適用します。
部分モザイクフィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上に部分モザイクを適用可能
指定時間、指定サイズ、指定位置に任意にモザイクを適用します。マウスオペレーションによる再生しながらの部分モザイク追加や、追跡する特定の対象物を指定して自動で部分モザイク適用も可能です。
ペイントフィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上にペイントを適用可能
プレビュー画面上にペンで落書きが可能です。ペンの太さ、色の指定、また再生しながらの描画にも対応しています。
音量変更フィルターレイヤー タイムラインの指定時間軸上に音量変更を適用可能
音量コンプレッサーフィルター
レイヤー
タイムラインの指定時間軸上に音量コンプレッサーを適用可能
映像変形機能 設定したキーポイントとキーポイントの間で設定された映像の幅・高さ・位置・回転角度・不透明度に向けて変化していく変形 (アニメーション) 機能を搭載
クリップ回転/拡大/縮小機能 クリップを回転させたり、拡大縮小してサイズ変更が可能
クリップ装飾設定 クリップにボーダーや影を付けて目立たせたり、不透明にするなど、クリップの装飾設定が可能
トランジション/フェードイン/フェードアウト クリップにトランジション効果の設定や、フェードイン/アウトの処理を施すことが可能
また効果の進行に加速度や変化をつけるイージング設定に対応しています。
タイムリマップ機能 任意のクリップのみスピードアップ/スロー化/逆転再生させることで、より幅広い演出が可能
プリインストールアセット タイトルバックなどに利用可能なアセットファイルを初期搭載
テロップ機能などと組み合わせることで、簡単に作品のタイトル作成が可能です。
音量のレベルコントローラー 設定したキーポイントとキーポイントの間で音量をリニアに変更する事が可能
プレビューパネル/
プロパティパネルの分離
プレビューパネル、プロパティ/エクスプローラー/アセットパネルをそれぞれ分離 (フローティング化) 可能
プロパティ/エクスプローラー/アセットパネルは最小化することも可能です。
プロジェクトファイル入力機能 保存済みのプロジェクトファイルをクリップとして追加可能
追加されたプロジェクトはサブタイムラインとして編集も可能です。
映像編集
カット編集機能 任意の箇所をカットし、残された部分を出力することが可能
範囲の指定 指定したソースの範囲のみを出力可能
超高速シーク カット編集画面にて超高速シークによる軽快なカット編集作業が可能
アンドゥ/リドゥ カット編集/範囲選択/キーフレーム設定/フィルター編集作業などのアンドゥ/リドゥが可能
再生音声ボリューム変更 カット編集画面/出力プレビュー画面で編集時の音声再生ボリュームの変更が可能
音声スクラブ シークバーの移動中 (シーク中) でも音声を再生
キーフレーム挿入指定 任意の位置にキーフレームを挿入可能
キーフレームを分割点へ変更可能です。
高度なキーフレーム追加 指定時間/指定間隔/指定数などの条件を設定して、キーフレーム/分割点を自動挿入可能
チャプター名格納 MP4/MKV コンテナ使用時、キーフレームにチャプター名をつけて格納可能
(カット編集画面のキーフレームリストを右クリックで可能)
* 格納チャプター名の確認には対応プレイヤーが必要です。
* QuickTime プレイヤーの場合、拡張子 m4v である必要があります。
クリップ分割点 設定した分割点を基準に、1つのクリップを複数のクリップに分割することが可能
サムネイル間隔自動調整 入力ファイルにより、適切なサムネイル表示モードを自動選択して表示
スマートシーンサーチ マウスのセンターホイールクリックで近隣のシーンチェンジ部分への移動が可能
ガイドライン表示 出力領域、TV安全領域の枠線に加え、2~16分割のグリッド線を表示
音声レベル表示 クリップに含まれる音声チャンネル全ての音声レベルの現在の値をメーター表示
ピークホールドタイムの設定が可能です。また縦・横表示の切り替えに対応しています。
操作パネルの非表示化 サムネイル、シークバー、キーフレーム一覧、音声波形、レベルメーター、編集パネルなどを非表示にすることが可能
クリップのグループ化 複数のクリップをグループ化することで、グループ単位の移動・コピー・削除などが可能
映像系フィルター
24fps 化 480i,1080i などのインタレース映像 (29.97fps (60フィールド) 動画) を 24fps に変換 (コーミング除去優先、動き優先に対応)
インタレース解除 映像のインタレース縞を除去 (縞部分のみ解除に対応)
映像クロップ 映像の周りの不要な部分をクロップ (切り取り) して除去 (マスクにも対応)
映像ノイズ除去 映像のノイズ成分を分析して除去 (静止画、時間軸前後 3 フレームに対応)
輪郭強調 映像の輪郭部分を検出し、輪郭を強調
色調補正 映像の明るさやコントラスト、彩度など色調を補正 (RGB, YUV, CMYK, HSV, 3-Way 色空間対応)
映像リサイズ 映像の配置とサイズを変更 (5種6パターンの拡縮方式に対応)
スピード 映像の再生スピードの変更、ソースの逆転再生が可能 (映像補間に対応)
映像回転 現在の映像の向きを「回転」または「左右上下反転」することが可能
映像フリッカー軽減 TV などのインタレース再生環境でのフリッカー (ちらつき) を軽減
高精度映像ノイズ除去 精度の高い検索アルゴリズムを使用してノイズを除去
色階調でマッハバンド (階調縞) が出づらい特長があります。
映像シャープネス 映像の輪郭部分を検出し、輪郭線の周りを明るい色で縁取りすることでシャープ感を上昇
スマートシャープ 映像の輪郭部分を検出し、輪郭部分を細く(スマートに)することで解像感を上昇
手ぶれ補正 撮影時の手振れなどによって生じた映像ブレを補正
* 設定後、解析を行うことで手ぶれ補正フィルターの効果を適用します。
レンズ歪み補正 広角レンズや魚眼レンズを使用した撮影などで、レンズによって生じた歪みを補正
色ずれ補正 録画時に発生した色成分のズレを補正します。
遠近補正 斜め方向から撮影したものなど、正しいアングルで撮影できなかった映像や静止画を正面から撮影した状態へ補正したり、あるいは下から見上げるようにして建物を撮影した場合に生じる台形の歪みなどを補正
パノラマ展開 360度の全天球パノラマ動画や静止画を展開し、誰でも閲覧できる通常の映像として出力 (キーポイントを使用した視点変更に対応)
映像フェードイン・フェードアウト 特定色から、または特定色へのフェード効果 (徐々に変化) を付加
映像ぼかし 映像全体にぼかし処理を適用 (縦/横方向のぼかしの強さが設定可能)
モザイク 映像全体を指定ブロックサイズでモザイク化
部分モザイク 指定時間、指定サイズ、指定位置に任意にモザイクを適用
マウスオペレーションによる再生しながらの部分モザイク追加や、追跡する特定の対象物を指定して自動で部分モザイク適用も可能です。
映像光彩 映像全体に柔らかなぼかしを加え、光を放つことで幻想的な華やかな効果を適用
ソフトフォーカス 映像全体にガウスぼかしなどの柔らかいぼかし効果を適用
ビンテージフィルム 古い映画やドラマのようなフィルム傷やノイズ、揺れ (ブレ) を再現し、レトロな雰囲気を演出
グリッチノイズ 映像の破損や信号送信時の遅延によって発生するような画像の乱れや歪み、ブロック状のグリッチノイズ効果を適用
ジオラマ 映像ぼかしを限定的に行うことで、錯覚を起こしおもちゃの世界のような映像効果を適用
俯瞰映像などで高い効果を発揮します。
字幕 指定場所・時間に任意の文字列を表示
画像や QR コードの表示に加え、簡単にタグを追加できるタグテンプレートや、ルビの自動変換機能 (日本語テキストのみ) にも対応
ペイント プレビュー画面上にペンで落書きが可能
ペンの太さ、色の指定、また再生しながらの描画にも対応しています。
フレームブレンド 前後の映像フレームを指定の枚数、任意の明るさで合成し、ブレを加えた効果を適用
クロマキー 指定色 (ブルーバック映像) を抽出し透明化することで、別の映像と組み合わせるクロマキー合成に利用可能
タイムラプス インターバル撮影した映像のように早送り再生させ、星の動きや花の成長などを短時間で表現可能
フレーム補間 映像のフレーム数や再生時間を増加し、同時にフレーム間を補間して滑らかな映像にすることで、スローモーション映像のような効果を適用
音声系フィルター
音声ノイズ除去 ざらざら音やサー音など、カメラ録画時等で混入する音声のノイズやホワイトノイズを抑制
音声コンプレッサー 音量のばらつきを抑えて整えたり、余韻や強弱の調整を行います。
音声ボリューム調整 音声ボリュームを 0~500% の範囲で変更
音声正規化 音量の最大値を 100% として、クリップ内で最も音量が大きいポイントが指定した%になるように変更
音声均一化 音声をピーク値/平均値などを基準に均一化
二ヶ国語音声 左 (主音声) のみ、右 (副音声) のみ、または左右別チャンネルでの出力が可能
音声フェードイン・アウト 音声の冒頭、または末尾にフェード効果 (徐々に変化) を付加
音声キー変更 音声の音程 (キー) を -24~24 の範囲 (4オクターブ) で変更
* 1=半音
レトロサウンド 音声にヒスノイズ (シャー音) やクリックノイズ (クリック音) を重ね、レトロな雰囲気を演出
カラオケ (2ch 素材専用) ステレオ音声素材にて、歌手の声を減衰させカラオケ音声のような状態にすることが可能
VST プラグイン対応 音声に VST プラグインの設定を適用
* VST プラグインが別途必要です。
* VST 3系 / VSTi(シンセサイザー系)/ VST MIDI には対応しておりません。
高精度フローティング処理 音声素材が 64bit (浮動小数点) 素材を使用し、カット編集処理のみの場合 64bit (浮動小数点) 精度のまま出力可能
(MPEG出力 Linear PCM 音声 ES 設定出力時)
音声フィルター処理を行った場合でも 32bit (浮動小数点) 処理が可能
音ズレ補正 映像と音声の同期ズレをミリ秒単位で補正
音声変換機能 入力素材が出力設定と異なるフォーマットの場合、高音質な状態で各出力形式に適した状態で変換
その他の機能
クイックプロパティ/ファイル履歴/カラーマネージメント 選択中のクリップの概要や、ファイルの履歴、作業用色空間の設定パネルを表示
* カラーマネージメントはノーマルモードのみとなります。
アセット機能 入力クリップ (編集済み可) をアセット (資産) として登録し、クリップとしていつでも呼び出すことが可能
* 元のファイルが物理的に移動・消去された場合は読み込めません。
DVD-Video/VR 読み込み *4 DVD-Video や DVD-VR のデータを読み取り、チャプター情報なども引き継ぐことが可能
Blu-ray (AVCHD/BDAV/BDMV)読み込み *5 Blu-ray 規格 (AVCHD/BDAV/BDMV) のプレイリストからの読み込みに対応。字幕/音声選択読み込みにも対応
* 対応コーデック : 映像 MPEG-2/H.264/AVC,音声 DolbyDigital/MPEG-2 AAC (BDAV のみ)/LinearPCM
* メニュー及び、対応外映像/音声コーデックのものは読み込めません。
ISO イメージファイルの読み込み *20 ISO イメージファイル (DVD-Video / Blu-ray / AVCHD のオーサリングデータ) の直接読み込みに対応
TS/PGMX/MXF 解析読み込み MPEG-2 TS/PGMX/MXFファイルに複数のストリームが含まれている場合、解析機能にて、映像/音声/字幕 (ISDB/DVB/クローズドキャプション/プレーンテキスト) の各データの選択読み込みが可能
* 対応外映像/音声コーデックのものは読み込めません。
Media Center 読み込み対応 *6 Media Center で録画された Microsoft TV 録画ファイル (dvr-ms, .wtv) が入力可能
単色クリップ追加機能 汎用性の高い単色、グラデーション画像、静止画タイル、QR コードを生成し、クリップとして追加可能
キャプチャーボードからの
読み込み
bluefish444 Epoch 4K Supernova/Epoch 4K Supernova S+ からの映像/音声キャプチャーに対応
* 対応キャプチャー機器及び対応ドライバーが正しく接続されたパソコンでご利用いただけます。
キヤノン Cinema Raw Light フォーマットの入力 キヤノン社 CINEMA EOS シリーズに採用されるフォーマット "Cinema RAW Light" の読み込みに対応
Apple ProRes 映像ストリームの入力 Apple ProRes 映像ストリームの直接読み込みに対応
タイムコード補正 MPEG ファイルの入力 *19 タイムコード補正された MPEG ファイルを音ズレ無く読み込むことが可能
キーフレームファイル読み込み TMPGEnc シリーズで出力可能なキーフレームファイル (.keyframe) 情報の保存・読み込みが可能
プロシキファイル対応 *17 ハイビジョン映像の編集を軽く・素早く行うためのプロキシファイルの作成が可能。5段階の画質・容量設定が可能 (出力結果には影響しません。)
トランジション効果 クリップ間にトランジション効果を設定可能。またトランジション効果の進行に加速度や変化をつけるイージング設定に対応。
スライドショー作成機能 静止画ファイルを素材にしたスライドショーの作成が可能。音声の追加や画像間にトランジション効果を施すことも可能
メタ情報の字幕挿入 ソースファイルから取得可能なメタ情報を字幕として挿入可能
現在フレーム情報表示 現在位置のフレーム番号及び時間をプレビュー画面に表示
フレーム情報表示は、ON/OFF 可能です。
タイムコード表示 タイムコード表示での編集に対応
プレビューカラー設定 プレビュー表示において、HDR (ハイ・ダイナミック・レンジ) ソースを HDR で表示したり、RGB ゲインの強さを調整可能
出力プレビューでは モニターの色空間への変換を行わない Raw カラーでの表示にも対応しています。
クリップボード/画像ファイル保存機能 プレビュー画面上の映像フレームをクリップボードへコピーしたり、画像ファイルとして保存可能 (BMP, JPEG, PNG, OpenEXR, JPEG XR 形式)
フィルターテンプレート保存機能 現在のフィルター設定をテンプレートとして保存可能
過去に保存したフィルターテンプレートの読み込みにも対応しています。
プレイヤーコントローラーの
カスタマイズ
プレイヤーコントローラーで使用可能なボタンの表示/非表示設定や、表示順序をカスタマイズ可能
* 画面によっては特定のコントロールが表示されない場合があります。
出力対象 ON/OFF 機能
(ノーマルモードのみ)
クリップリストで出力対象とするクリップの選択が可能
* 出力対象 OFF のクリップは出力されません。
出力設定テンプレート保存機能 現在の出力設定をテンプレートとして保存可能
現在の出力設定を既定値として設定したり、過去に保存したフィルターテンプレートの読み込みにも対応しています。
プロジェクトアーカイブ保存 プロジェクトファイル保存時に使用した映像/音声ファイル素材を1つのフォルダにまとめてコピー保存することが可能
プロジェクトの復元 プロジェクトの復元に必要なデータを定期的に保存し、異常終了した場合などにプロジェクトの内容を復元可能
* 異常終了時の復元に必要なデータのみを保存します。
バッチエンコードツール 複数のプロジェクトファイルを登録し、連続して出力処理が可能
複数のクリップを登録し、連続してプロキシファイル出力が可能
iVDR 転送ツール *21 iV VIDEO 向け MPEG ファイル出力設定にて出力したファイルを iVDR メディア (対応アダプター必須) へ転送可能
MPEG ツール *18 MPEG ファイルを映像と音声のファイルに分離/結合が可能
Intel Media SDK の利用 Intel Media SDK を利用した MPEG-2、H.264/AVC、H.265/HEVC のソフトウェア/ハードウェアデコード、ハードウェアエンコードを行うことが可能
* ハードウェア処理は、動作適用環境のみ対応しています。
* Intel Media SDK を用いたデコード/エンコードの処理は、それぞれ MPEG デコーダー設定、及び映像エンコーダーの設定が必要です。
* TMPGEnc Video Mastering Works 7 では Intel Media SDK を利用したソフトウェアエンコードには対応しておりません。
NVIDIA CUDA (NVDEC) の利用 NVIDIA 社の CUDA(NVDEC)を使用し、フィルターの演算支援、MPEG-1/2、H.264/AVC 及び H.265/HEVC のハードウェアデコードを行うことが可能
* 動作適用環境のみ対応しています。
* エンコード処理には対応しておりません。
NVIDIA NVENC の利用 NVIDIA 社の NVENC を使用し、H.264/AVC、H.265/HEVC のハードウェアエンコードを行うことが可能
* 動作適用環境のみ対応しています。
AMD Meida SDK の利用 AMD Meida SDK を使用した H.264/AVC、H.265/HEVC のハードウェアデコード、ハー ドウェアエンコードを行うことが可能です。
* 動作適用環境のみ対応しています。
ペガシスオンラインニュース
配信機能
ペガシスからのお知らせやアップデート情報などを受信可能
ジョグダイヤル対応 カット編集画面でジョグダイヤル向けのショートカットキーを用意
Smart Tap Controller TMPGEnc Video Mastering Works 7 のカット編集操作を iPhone/iPad 上からコントロールできる編集補助コントローラー「Smart Tap Controller」に対応
CPU 優先度 CPU 優先度の設定が可能 (非アクティブ・アクティブ時に各5段階[低~高])
出力終了後の処理 シャットダウン、スリープ、休止状態に対応 (パソコン / OS 環境に依存)


*1 VBR (可変ビットレート) で作成された MPEG-1 のファイルの入力は仕様により行えません。


*2 一部の機器または環境でキャプチャされたムービーデータは、音ズレなどの問題が発生する場合があります。あらかじめ、体験版でお試しになることをお勧めします。


*3 Victor GR-HD1、SONY HDR-FX1/HC1 のトランスポートストリームファイルにて動作を確認しています。


*4 DVD-VR データを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.0 リーダー等が必要になります。Windows の通常の操作で、ファイルコピーなどファイルを扱うことができない環境では、本機能をご利用できません。また CPRM や CSSなどの著作権保護された DVD を扱うことができません。


*5 Blu-ray (AVCHD/BDMV/BDAV) フォーマットで記録された MTS ファイルはファイル内部構造により正しく扱えない場合があります。(追加ウィザードにて読み込みを行ってください)。また、著作権保護されたデータは読み込めません。


*6 Microsoft TV 録画ファイル (.wtv) の読み込みには、録画を行ったパソコン、もしくは WTV ファイルを作成可能なパソコンにて、著作権保護の使用されていないファイルの場合のみ読み込みが可能です。また、1映像, 1音声のファイル (それぞれ MPEG-2 映像と MP2/AC3 音声) に対応しています。


*7 入力 AVI が弊社確認済みのコーデックが使われた TYPE-2 DV の場合は映像に YUV 色空間の補間処理が適用され、より高画質に処理できます。また、非圧縮 AVI を除く AVIファイルの読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム) が必要です。Type-1DV などの DirectShow 経由での読み込みは基本的に環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声が同時に2本以上同時に開けないコーデックを利用している場合、2クリップ目以降の音声が出力されません。


*8 QuickTime ファイルの読み込みには QuickTime 7.7.6 以降のインストールが必要です。(音声が複数のトラックで構成されている QuickTime ファイルの場合、音声が正しく扱えない場合があります。)



*9 インターネットからのライブ配信データを直接扱うことはできません。Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) で保護されているファイルは、扱えません。シーカブル属性 (頭出し可能) が無いファイルの読み込みはできません。


*10 PV3/4 録画ファイルの読み込みにはアースソフト社製「AviUtl プラグイン EARTH SOFT DV.aui Ver 2.4.4」が正しくインストールされている環境が必要です。Ver 2.4.4 以外のバージョンは動作対象外となります。PV3/4 録画ファイルの音声を扱う場合は録画時の音声形式は LPCM で有る必要があります。


*11 DirectShow/Media Foundation 経由での読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム) が必要です。
また、Media Foundation 経由で標準で読み込めるフォーマットは OS 環境に依存します。


*12 VBR のファイルにも対応。


*13 Dolby Digital 5.1ch / Dolby Digital Plus 7.1ch までのデータ読み込みに対応しています。


*14 AAC (Advanced Audio Coding) は 5.1ch までのデータ読み込みに対応しています。


*15 弊社公開のプラグインや機材の追加による標準エンコーダー以外のエンコーダーをご使用の場合、各エンコーダーにより仕様が異なる場合があります。また、x264/x265 エンコーダーはパラメータ制限、機能等x264/x265オリジナル版とは一部相違がございます。あらかじめ御了承願います。


*16 Dolby Digital 音声はバッチエンコードツールでの複数同時出力や TMPGEnc Video Mastering Works 7 本体との同時書き出しは行うことはできません。


*17 MPEG-4 AVC 形式の映像データとして作成されます。


*18 MPEG ツールでは TMPGEnc シリーズで出力した MPEG ファイルをサポートいたします。
(ハードウェアエンコーダーや他社製ソフトウェアエンコーダーで作成した MPEG ファイルは正しく扱えない場合があります。)


*19 一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。


*20 ISO イメージファイルの読み込みは、DVD-Video / Blu-ray / AVCHD のオーサリングデータのイメージのみ読み込み可能です。通常のMPEGファイル等には対応しておりません。また、Windows 7 では ISO イメージファイルの読み込みにアプリケーション同梱の ImDisk Virtual Disk Driver のインストールが必要になります。


*21 アイ・オー・データ機器製対応製品が正しく接続され、かつソフトウェア「iVDR-S Media Server 4」 (Ver.4.0.48.0 以降) が正しくインストールされている環境が必要です。



  • DVD-Video / VR、Blu-ray(AVCHD/BDMV/BDAV)などのフォーマットで記録された VOB/VRO ファイル、MTS ファイルは、ファイルの内部構造により正しく扱えない場合があります。追加ウィザード[DVD、BD、AVCHD、HDDカメラ、メモリーカードリーダーなどから追加する]にて読み込みを行ってください。
  • 入力映像は、TMPGEnc シリーズで作成したファイル以外に、各種ビデオキャプチャー機器、BD/DVD レコーダー、カメラなどで記録された映像を用いて動作の検証を行っております。一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。また、CPRM や CSS などの著作権保護された DVD を扱うことができません。
※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。