• Sync Your Schedule
    できるビジネスマンは使ってる
    導入例

Gcal Connection for Cybozu Office

(ジーカル コネクション フォー サイボウズオフィス)

Windows10_logo

サイボウズ Officeに「全体 (全社) 予定」というアカウントを作成し、社員旅行や全体会議などの全体行事を登録し、本製品でGoogleカレンダーと同期させることで、外出中でも社内情報をリアルタイムで、把握することができます。導入するライセンス数も1ライセンスでOK! 以下の図では、一方向同期を例としていますが、各端末からサイボウズ Office 側へスケジュールを同期することももちろん可能です。


本製品の複数ライセンス版を導入することで、部署に所属メンバーそれぞれがスケジュールを同期し、その場でスケジュールを書き込むことができるので、外出先でも会社 (サイボウズ Office) に自分のスケジュールをリアルタイムに伝達し、スケジュールの入力漏れも防ぐ事ができます。またGoogleカレンダーの限定公開や編集権限機能を使用することで、上司部下間で、限定したスケジュール情報共有や編集などを行うことができます。外出が多い部署内では、本製品を使用することで、タイムリーな行動予定を進行することが可能です。


社外からのサイボウズ Officeへのアクセスを拒否している設定の場合でも、社内でサイボウズ Officeに接続でき、インターネットに接続しているPCに本製品をインストールしておけば、Googleカレンダーを経由して、サイボウズ Officeのスケジュールにアクセス可能になります。出張時など、一時的に会社の許可を得ての使用等も想定可能です。
※会社のセキュリティポリシーに従って設定願います。





シングルユーザーアカウント
x10ライセンス
マルチユーザーアカウント
(10アカウントライセンス)
動作想定 主に個人別PC毎に個別管理することを想定 主に会社側で一括管理することを想定
インストール シングルアカウントライセンス版が10ライセンス必要
10台個別のWindowsPCにインストール
または
1台のWindowsPC内の10 Windowsユーザー毎にそれぞれにインストールなど
10アカウントライセンス版が1ライセンス必要
1台のWindowsPCにインストール
アカウント設定 それぞれ(10)のインストールアプリケーション毎に1人分を設定 1つのインストールアプリケーションで10人分を一括設定
稼働 それぞれのインストールPCあるいはWindnowsユーザーアカウント個別で稼働
(起動していないPCでは動作しません)
1台のPC上の1Windnowsユーザーアカウントのみで稼働
価格 4,743円 x 10 = 47,430円 (税抜) 28,381円 (税抜)
(28,381円 ÷ 10人 = 1人あたり2,838.1円)
その他 個人的なGoogleアカウントを使う場合でも会社にアカウント/パスワードを知らせないで済む 個人的なGoogleアカウントを使う場合
会社が個人のアカウント/パスワードを知る必要がある
(パスワードは****で表示されます)

*サイボウズガルーン 3/4 対応機能を含みます。


~ メリット・デメリット ~

  • 例1/2 は、1台のパソコンだけが常時可動なので電力コストが低い。
  • 例1は、1人あたりのライセンス代が安い。
  • 例1は、アプリケーションを操作可能なユーザーは、同期するすべてのユーザーの設定情報をほとんど閲覧可能となるため、情報管理を明確にする必要がある。