ペガシス、世界初※1!iVDR®-S※2に録画したハイビジョン番組の編集に
「TMPGEnc MPEG Editor 3」の次期後継製品で対応予定!

2012年5月31日

2012年5月31日―株式会社ペガシス(東京都墨田区両国 海老根崇CEO、以下、ペガシス)は、 株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市 代表取締役社長 細野 昭雄、以下、アイ・オー・データ)が 開発した「iVDR-S Media Server 3」を経由することで、同社のiVDR®-S対応アダプター「RHDM-US/EX」と連携し、 iVDR®-Sに録画した著作権保護付きハイビジョン番組の1フレーム単位のカット編集、iVDR®-Sへの書き戻しに、MPEGカット編集ソフト「TMPGEnc MPEG Editor 3」の次期後継製品で対応することを発表します。


販売中のアイ・オー・データ【「RHDM-US/EX」外観】

RHDM-US/EX

※iVDR®-Sメディア「RMSシリーズ」は別売です。

「iVDR-S Media Server 3」は、「RHDM-US/EX」ユーザーに7月上旬の無償提供を予定しています。


■ 「iVDR-S Media Server 3」を経由した「RHDM-US/EX」との連携詳細

【iVDR®-Sの録画番組をパソコンで動画編集】
iVDR®-Sは、日立ハイビジョンテレビWoooなどで採用されているカートリッジハードディスクで、著作権保護技術「SAFIA(サファイア)」に対応した録画用メディアです。ペガシスのMPEGカット編集ソフトウェア「TMPGEnc MPEG Editor 3」の次期後継製品「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」と「RHDM-US/EX」用の新バージョン「iVDR-S Media Server 3」を組み合わせることで、パソコンの大画面とマウス操作で1フレーム単位でのカット編集をスマートに行えるようになります。

クリップ編集画面  追加ウィザード

※画面は開発中のものです。予告なく変更となる場合があります。



【連携概要図】

連携概要図

【ネットワークダビング対応テレビから録画番組をiVDR®-Sにダビングして編集可能に】
東芝<レグザ>のUSB-HDD等に録画されたハイビジョン番組や「RECBOX」に録画されたスカパー!HD等のハイビジョン番組をiVDR®-Sにダビングし、そのままパソコンで動画編集することが可能になります。



【iVDR®-Sメディアの特長】

  • DVDやBlu-ray Discと比べ大容量(DVD107枚分のコンテンツを収録可能※3)。
  • Serial ATA仕様のインターフェイスにより、大容量のデータでも高速アクセスを実現。
  • iVDR®対応機器の間でメーカーを問わず、保存したデータを再生することができる。
  • 著作権保護技術である「SAFIA」に対応しているため、ハイビジョン番組の持ち運びが可能。
  • 小型で軽量、省電力、強化プラスチックシェルを採用のため、非動作時の耐衝撃性を確保。



本発表のアイ・オー・データ機器製ソフトウェア 「iVDR-S Media Server 3」との連携は、本日5月31日開催
iVDR EXPO 2012の同社ブースにてデモンストレーションが行われる予定です。


※「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は開発中の製品であり、発売日および本発表のiVDR®-S連携への正式対応日は未定となっています。詳細な内容は確定次第弊社ウェブサイト上で告知いたします。



※1:アイ・オー・データ機器社調べ(2012年5月31日現在)
※2:Information Versatile Device for Removable usage - Secureの略。リムーバブルハードディスクの規格の1つで、録画した著作権保護付きコンテンツを録画した機器以外の対応機器で再生することができます。
※3:500GBのiVDR®の場合。片面1層タイプDVD-R4.7 GBで計算。

iVDR®はiVDRコンソーシアムの登録商標です。


本リリースに関するお問い合わせ先

「iVDR-S Media Server 3」「RHDM-US/EX」に関するお問い合わせ
株式会社アイ・オー・データ機器
営業統括部 広報販推課
担当:佐藤様・渡辺様

ペガシス製品に関するお問い合わせ先

株式会社ペガシス
広報担当:齋藤
本件に関するお問い合わせはこちら




前のページに戻る