ペガシス、LEADTEK社トランスコーディングカードに「TMPGEnc 4.0 XPress」及び「TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine」をバンドル

「TMPGEnc 4.0 XPress」及び「TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine」をにバンドル
2009年3月31日

株式会社ペガシス(東京都墨田区両国 海老根 崇 CEO 以下ペガシス)は、 Leadtek Research Inc.(以下LEADTEK、本社:台湾、日本法人:リードテック ジャパン株式会社)より発売される東芝製 メディア ストリーミング プロセッサ 「SpursEngine」を搭載した 高速・高性能 画像処理カード『WinFastRPxVC1100』シリーズの新製品に高画質マルチビデオエンコーダー及び同エンコーダー上で「SpursEngine」搭載機器でのハードウェアエンコーディングを可能とするプラグイン「TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine」をバンドル供給いたしますので、お知らせいたします。





同製品の発売により、初心者のかたも含め気軽にハードウェアエンコードを始めることが可能となり、また同ボードで対応できない映像フォーマットにおいてもTMPGEnc 4.0 XPressにてそのままCPU処理する事ができますので、作業も大幅に軽減されます。
※バンドルされる製品は、弊社より発売中の製品と同一のものです。




詳しい内容につきましては、LEADTEK社WEBサイトにてご確認ください。
http://www.leadtek.co.jp/news_release/pxvc1100_te.html


本リリースに関するお問い合わせ先はリードテック ジャパン株式会社 までお願いいたします。

弊社製品に関するお問い合わせ
株式会社ペガシス
広報担当:齋藤
・Webによるお問い合わせはこちら




前のページに戻る