TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUM発売のお知らせ

2007年4月10日



製品種別 高速MPEGカット編集ソフトウェア
対応OS ・Windows Vista (Home Basic / Home Premium / Business / Ultimate)
※Windows Vista Home Basic では Windows Aero 機能はご利用いただけません
・Windows XP Service Pack2 .NET Framework 3.0 以降必須 (Home, Pro, Media Center)
商品名 TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUM
商品形態 ダウンロードソフトウェア
標準価格 ダウンロード版:販売終了
体験版公開日 2007年4月17日 (火) 15時よりダウンロード可能
発売日 2007年4月24日 (火) 15時よりダウンロード販売開始
製品紹介ページ 製品についてはこちらからご覧になれます。
TMPGEnc MPEG Editor 2.0について TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUM 発売後も継続して販売いたします。

TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUMとは?

「TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUM」は「TMPGEnc MPEG Editor2.0」の既存機能にHDVカメラからのキャプチャ機能、「クリップ間トランジション」機能を追加、新世代プラットフォーム「.NETFramework3.0」とWindows Vistaの新機能「Windows Aero」を採用し、Windows Vista上で美麗且つ快適な動作が可能なMPEGカット編集ソフトウェアです。


 TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUMの新機能

1.新世代プラットフォーム対応:「Windows Aero」「WPF」のサポート


Windows Vistaの 新機能「Windows Aero」 「.NET Framework 3.0」の WPF (Windows Presentation Foundation) テクノロジーにより美麗なインターフェースを実現。TMPGEnc MPEG Editor シリーズでの直感的な操作を約束する使いやすさはそのままに、インターフェースが大幅に進化しました。
※Windows Vista / Home Basic では Windows Aero が搭載されていない為この機能はご利用いただけません。 Windows XP Service Pack2 においてもこの機能はご利用いただけません。


2.HDVデバイスとの連携が可能に:ハイビジョン映像入力をサポート

「TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUM」ではHDVデバイスで録画したハイビジョン映像をIEEE1394(i.LINK)接続でキャプチャすることが可能になり、編集作業とのシームレスな連携を実現。TMPGEncシリーズならではの編集部分のみをレンダリングするスマートレンダリングで、HDVデバイス向けのMPEGデータをほぼ無劣化で出力することができます。



3.より高度な編集が可能に!:クリップ間トランジション(画面切り替え効果)を新たに追加

・前バージョンまででは不可能だったクリップ間トラジション(画面切り替え効果)をサポート。51種類から選択できるトランジションの組み合わせでムービーのオリジナル要素を大幅にアップできます。



4.更に使いやすくなったカット編集画面

従来も音声波形や高速サムネイルの表示切替は可能でしたが、PREMIUMではさらに、映像情報パネル、ナビゲーションパネルなどの表示/非表示も自由に行うことができるようになりました。映像をほぼ全画面で確認することができる上、ショートカットキーを組み合わせればそのまま全ての編集を行うことができます。


従来の表示スタイル

最小限構成

高速プレビュー ON!
※お好きなシーンを画像保存する機能も搭載!


5.デュアルコア・クァッドコアCPUをサポート

デュアルコアCPUサポート

物理CPU:2、物理CPUコア:2、論理CPU:4までのマルチスレッド処理に対応。Core™2 DuoまたはAthlon 64 X2といったデュアルコアCPUを使用することで、TMPGEnc MPEG Editor 2.0 PREMIUMのパフォーマンスは、さらに向上します。

必要動作環境
対応PC ・IBM PC互換機 (ノートPCでの動作は熱効率など関係上、保証いたしかねます)
対応OS
・Windows Vista (Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate)
※Windows Vista Home BasicではWindows Aero機能はご利用いただけません
・Windows XP Service Pack2  .NET Framework 3.0以降必須 (Home, Pro, Media Center)
CPU
・SSE CPU 拡張命令必須
・Pentium4 2.0GHz以上、Athlon64/Opteron(SSE2 CPU命令が使用できること)
VGA ・3Dグラフィックス機能をハードウェアで実装している事
(Radeon 9600以上 /X300以上 GeForce FX5200以上を推奨)
メモリ
・512MB 以上
HDD空き容量
・本体100MB程度 作業領域10GB以上
画面解像度
・1024×768以上
HDDフォーマット
・NTFSファイルシステムを推奨
その他
・DirectX 9c 以降必須


※1 本ソフトウェアは、インターネットを介したユーザー認証システム L.E.A.P.Systemを採用しております。本ソフトウェア導入後、初回起動時に第1回目のユーザー認証(アクティベーション)作業を行います。ユーザー認証(アクティベーション)は、定期的に認証コードを取得するため、インターネット環境が必須となります。

学内、社内LANなど特殊なセキュリティによる制限が掛けられているインターネット環境からの認証は保証いたしかねます。ご購入前に、無償体験版での動作をご確認ください。

推奨動作環境
OS
・Windows Vista (Home Premium/Business/Ultimate)
CPU
・マルチプロセッサ Intel HT テクノロジ SSE3 Core2Duo等
・論理4CPUまで
メモリ
・1024MB以上
VGA ・オンボード Intel 865G 以上 を推奨
・Vista Aero 対応グラフィックカードを推奨
画面解像度
・1280×1024以上 フルカラー出力
その他
・DirectX(R)9.0c以上

ハイビジョン映像の編集における推奨環境
CPU
・マルチプロセッサ Intel HT テクノロジ SSE3 Core2Duo等
・論理4CPUまで
メモリ
・1024MB以上
画面解像度
・1600×1200以上

※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。
※ ホームページ上に掲載されている各種スクリーンショットは実際の商品と異なる場合があります。
※ 自作PC、改造機、ノートPCでの動作は保証致しかねます。
※ TMPGEnc及びTEロゴ記号は株式会社ペガシスの登録商標です。
※ Dolby、ドルビー及びダブルD 記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
※ Microsoft,Windowsは米国Microsoft Corporationおよびその他の国における登録商標です。
※ その他の表記されている各種名称、商品名、社名などは各社の商標または登録商標です。また、本文中では一部を除いて(TM)、(R)マークは省略しております。

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ペガシス マーケティング部
営業・広報担当:齋藤

〒130-0026 東京都墨田区両国3丁目21番1号グレイスビル両国5F
・Webによるお問い合わせはこちら

・URL : http://www.pegasys-inc.com/





前のページに戻る