TMPGEnc PGMX™ CREATOR

(ティーエムペグエンク ピージーエムエックス クリエーター)

Windows10_logo
 
更新履歴
 2015.7.30 / 製品版 Ver.1.0.6.7

不具合修正 ・クリップ分割数が多い場合に、適用に非常に時間が掛かる場合がある問題を修正しました。
その他 ・Windows 10 に正式対応しました。
・その他、細かい修正を行ないました。

 2015.3.30 / 製品版 Ver.1.0.5.6

機能更新 ・GOP内の最大参照フレーム数を調整し、再生互換性を向上しました。
・静止画の入力上限ファイルサイズを 384MB に拡張しました。
その他 ・その他、細かい修正を行いました。

 2015.2.12 / 製品版 Ver.1.0.4.5

機能更新 ・近日公開予定の「TMPGEnc PGMX Player for Android」で利用可能なメニュー操作用スワイプフラグ等を出力するように修正しました。
・CUDA の仕様により正しくデコードできない、1920x1088を超過するH.264/AVC 映像ソースでは CUDA デコーダーを使用不可としました。
・スマートレンダリングエンジンを更新しました。
  • 一部のデジタルカメラで録画された、ストリームにフレームレート情報が無いMP4ファイルがスマートレンダリング判定されるよう、修正しました。
・不正なパケットを含むドルビーデジタル音声をできるだけ正常化し、読み込みを可能とするように修正しました。
不具合修正 ・一部のMKVファイルが スマートレンダリング処理されない問題を修正しました。
・TS解析時において、プレイリストに極端に長さの短いプログラム(1sec以下等)が存在していた場合、その後のプログラムが正常に読み込まれない問題を修正しました。
・ディスプレイのDPI 設定が96以外の場合、高速サムネイルのクリック位置を正常に認識しない問題を修正しました。
・一部の H.264 ストリームのフィールドオーダーを正しく取得できない場合がある問題を修正しました。
・DVB字幕のタイムスタンプが映像のタイムスタンプと異なる場合に、正常に字幕が表示されない場合がある問題を修正しました。
・出力ファイル情報「タイトル」に入力した文字列が、出力したファイルに書き込まれない問題を修正しました。
・AVX2 が有効な環境で、メニュー部品にアルファ付きの画像を入力した際、画像サイズがおかしくなる場合がある問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行いました。

 2014.6.18 / 製品版 Ver.1.0.3.4

機能追加 ・メニュー背景一括編集時にメニュー編集画面へ適用結果をリアルタイムに反映するようにしました。
・QuickTime 7 リーダーにおいて以下に対応しました。
  • 対応拡張子に、*.dv を追加
  • ヘッダにフィールドオーダー情報やアスペクト比情報がある場合、当該情報を利用
不具合修正 ・ユーザー作成メニュー用ボタン部品「プレート01」でノートページボタンの画像がテキストになっていた問題を修正しました。
・ユーザーオリジナルメニュー作成時にタイトル/ノートページを作成すると、追加されたテキスト矩形が正常に表示されない問題を修正しました。
・AAC音声データをTNS圧縮アルゴリズムに対応していない機器で再生するとノイズが発生してしまう問題を修正しました。
・QuickTime 7 リーダー使用時、B フレームが存在するソースのデコードスピードが低下する場合がある問題を修正しました。
・TSデータ内の一部の DVB 字幕データを読み込んだ際に表示位置やサイズがおかしくなる問題を修正しました。
・カット編集画面で音ズレ補正を行った後、補正を無効にした場合でもクリップの長さが元に戻らない問題を修正しました。
・高度なチャプター追加で0秒地点にチャプター/クリップ分割点が正しく設定されない問題を修正しました。
・字幕テキスト編集にてクリップ終端までオプションを有効にして保存した字幕データが正しく読み取れない問題を修正しました。
・字幕の xsubtitle ファイル読み込みで、BOM 付き UTF-8 ファイルが正しく読み込めない場合がある問題を修正しました。
・その他、細かい修正を行ないました。

 2014.4.17 / 製品版 Ver.1.0.1.2

ファーストリリース

 2014.4.7 / 体験版 Ver.1.0.0.1_2

不具合修正 ・インストーラ内に必要なVC++ランタイムが全て同梱されておらず、一部環境で起動しない問題を修正しました。

 2014.4.4 / 体験版 Ver.1.0.0.1

ファーストリリース