TMPGEnc PGMX™ CREATOR

(ティーエムペグエンク ピージーエムエックス クリエーター)

Windows10_logo
 
対応入力ファイル
入力映像ファイル形式 MPEG-1 システムストリーム (.mpg, .mpv) ※1※2
MPEG-1 ビデオエレメンタリストリーム (.m1v)
MPEG-2 プログラムストリーム (.mpg,.m2p) ※2
MPEG-2 エレメンタリストリーム (.m2v)
MPEG-2 トランスポートストリーム (.mpg,.ts,.m2t,.m2ts (HDV,AVCHD 形式を含む)) ※2※3
MPEG-4 AVC/H.264(AVC) (.mp4, .m4v, .m4a, .264)
DVD-Video ※4
DVD-VR ※4
Blu-ray (BDAV/BDMV) 対応映像・音声は本表記載の形式のみ ※4
AVCHD

PGMX (.pgmx)
XAVC S (.mp4) *64ビット環境での読み込みを推奨
FLV (H.264)
MKV (.mkv) *MPEG リーダーで正しく読み込める映像/音声ストリーム
Microsoft TV 録画ファイル(.dvr-ms, .wtv) ※5
Everio(エブリオ) 動画ファイル(.mod)
HDV カメラ(Sony 製、Victor 製、Canon 製に対応) ※6
MOV (H.264+Linear PCM (CANON製,ニコン製デジタル一眼カメラ作成データ))

※ 上記はすべて YUV フォーマットが 4:2:0 8bit のみ対応
※ MPEG-4 MVC の3Dデータは左側のみ対応

AVI (非圧縮、またはコーデックが正常にインストールされている物) ※7
Quick Time ファイル(.mov, .qt, .mp4(ISO/H.264), m4v, .3gp, .3g2, .amc) ※8
DivX ファイル (.divx,.avi (DivX形式の物))
Windows Media ファイル(.wmv, .asf) ※9
WebM (.webm)
PV3 / PV4 録画ファイル (.dv) ※10
DirectShow で正常に読み込める物 ※11
Microsoft Media Foundation (以下「Media Foundation」)で正常に読み込める物 ※11
VFAPI で正常に読み込める物
画像ファイル (.bmp, .jpg, .jpeg, .psd, .png, .wmf, .emf, jpe, .rle, .dib .exif , .jfif, 及びWIC環境では.gif, .wdp, .tiff, .tif, .ico, .icon .sgi, .tga)
TMPGEnc Video Mastering Works 5 プロジェクトファイル (.tvmw5) ※15
入力音声ファイル形式 MPEG-1 Audio Layer Ⅱ( .mp2)
MPEG-1 Audio Layer Ⅲ( .mp3)
Dolby Digital (.ac3) ※12
Dolby Digital Plus (.ec3 (E-AC-3)) ※12
Advanced Audio Coding (.aac) ※13
FLAC (.fla, .flac)
WAV (.wav 無圧縮、またはコーデックが正常にインストールされているもの。拡張 (Extensible)形式対応)
AVI (.avi)で認識できる音声のもの ※7
Quick Time ファイル (.mov, .qt, .mp4, .m4a, .3gp, .3g2, .amc) ※8
Windows Media ファイル (.wma) ※9
AIFF (.aif)
VFAPIで正常に読み込める物
Direct Showで正常に読み込める物 ※11
Media Foundationで正常に読み込める物 ※11
対応出力形式
出力ファイル形式 PGMX ファイル
出力映像形式 MPEG-4 AVC
出力音声形式 MPEG-4 Advanced Audio Coding LC
MPEG-4 HE-AAC
MPEG-4 HE-AACv2
MPEG ビデオエンコーダ部
出力形式 MPEG-4 AVC (ISO/IEC 14496-10 準拠)
プロファイル&レベル Profile: Baseline / Main / High
Level: 1 / 1b / 1.1 / 1.2 / 1.3 / 2 / 2.1 / 2.2 / 3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1 / 4.2 / 5 / 5.1 *
サイズ プロファイル@レベルに従う
最大3872x2160(30fps時)、4096x2304(25fps時) **
アスペクト比 画面アスペクト比: 4:3 / 16:9 / 2.21:1
ピクセルアスペクト比:1:1 / 12:11 / 10:11 / 16:11 / 40:33 / 24:11 / 20:11 / 32:11 / 80:33 / 18:11 / 15:11 / 64:33 / 160:99 / 4:3 / 3:2 / 2:1
フレームレート 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 10 / 12 / 12.5 / 14.985 / 15 / 20 / 23.976 / 24 / 25 / 29.97 / 30 / 47.952 / 48 / 50 / 59.94 / 60 fps
ビデオタイプ インタレース / プログレッシブ / 再生時3:2プルダウン / プログレッシブ(2:2プルダウン)
フィールドオーダー トップフィールドファースト / ボトムフィールドファースト
レート調整モード CBR / VBR (1パス、2パス) ***
エントロピー符号化 CAVLC / CABAC
ビットレート 映像最大:360Mbps (High@Level 5.1時) ****
音声最大:1440kbps (MPEG-4 AAC LC 48kHz 5.1ch時)
パフォーマンス MPEG-4 AVC 7段階 *****
* レベル3未満は手動設定できません。入力素材で使用されている場合のみスマートレンダリングにて使用可能となります。入力ファイルにより、使用可能な値は変化します。
** Intel Media SDK Hardware エンコーダーでは最大 1920x1152 となります。
*** 2パスは、ハードウェアエンコーダーでは使用できません。
**** CUDA エンコーダーではMainProfile 時、各Level 最大値の5/6、HighProfile 時、各Level 最大値の4/6が CUDA 使用上限となります。(例:Level 4.1で最大50Mbps、Level 5.1で最大240Mbps)
***** ハードウェアエンコーダー使用時は「標準」のみとなります。

MPEG オーディオエンコーダ部
出力設定 自動設定 (最低限のエンコード)
手動設定 (全てを再エンコード)
手動設定 (規格対応外)
出力形式 MPEG-4 AAC LowComplexity (LC)
MPEG-4 HE-AAC
MPEG-4 HE-AAC v2
(ISO / IEC 14496-3)
サンプリング周波数 8 ~ 48 kHz
チャンネルモード モノラル, ステレオ, 3ch サラウンド (3/0), 3ch サラウンド (2/1), 4ch サラウンド (2/2), 4ch サラウンド (3/1), 5ch サラウンド, 5.1ch サラウンド *
量子化ビット数 16 bits 固定
ビットレート ** MPEG-4 AAC LowComplexity (LC)
12 (8kHz / mono) ~ 1440 kbps (48kHz / 5.1ch)
MPEG-4 HE-AAC
12 (16kHz / mono) ~ 704 (48kHz / 5.1ch) kbps
MPEG-4 HE-AAC v2
12 (16kHz) ~ 144 (48kHz) kbps
* MPEG-4 HE-AAC v2では、ステレオ固定となります。また、クリップの音声データがマルチチャンネル音声で、トラックの音声設定の指定チャンネル数よりも多い場合は、ダウンミックスされて出力されます。
** サンプリング周波数やチャンネルモードにより使用可能なビットレートは異なります。

PGMX ファイル出力仕様
出力形式 映像:MPEG-4 AVC / H.264
音声:MPEG-4 AAC LowComplexity(LC)
      MPEG-4 HE-AAC
      MPEG-4 HE-AAC v2
プロファイル&レベル Profile: Baseline / Main / High
Level: 1 / 1b / 1.1 / 1.2 / 1.3 / 2 / 2.1 / 2.2 / 3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1 / 4.2 / 5 / 5.1 *
アスペクト比の設定 MPEG ビデオエンコーダの仕様に従う
フレームレートの設定 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 10 / 12 / 12.5 / 14.985 / 15 / 20 / 23.976 / 24 / 25 / 29.97 / 30 / 47.952 / 48 / 50 / 59.94 / 60 fps
ビデオタイプ インタレース / プログレッシブ / 再生時3:2プルダウン / プログレッシブ(2:2プルダウン)
フィールドオーダー トップフィールドファースト / ボトムフィールドファースト
レート調整モード CBR / VBR (1パス、2パス) **
ビットレート MPEG ビデオエンコーダの仕様に従う
メニュー メニュー専用トラックに格納
メニュー作成:テンプレート式メニュー作成,カスタムユーザーオリジナルメニュー作成
メニュー映像形式:MPEG-4 AVC / H.264
メニュー音声形式:MPEG-4 AAC LowComplexity(LC)
メニューの最大ビットレート 映像最大:60 Mbps
音声最大:1440 kbps (48kHz 5.1ch時)
* レベル3未満は手動設定できません。入力素材で使用されている場合のみスマートレンダリングにて使用可能となります。入力ファイルにより、使用可能な値は変化します。
** 2パスは、ハードウェアエンコーダーでは使用できません。

編集加工機能
映像加工
PGMX メニューの編集 PGMX メニュー画面の編集を行うことが可能
ハイライト指定、モーションメニュー指定など、多彩なメニュー映像編集に対応
追加テンプレートから新たなテンプレートを追加することが可能
範囲の指定 指定したソースの範囲のみを出力可能
超高速シーク カット編集画面にて超高速シークによる軽快なカット編集作業が可能
アンドゥ/リドゥ機能 カット編集 / 範囲選択 / チャプター設定作業などを記憶
再生音声ボリューム カット編集/トラックのプレビュー画面等で編集時の音声再生ボリュームの変更が可能
カット編集機能 任意の箇所をカットし、残された部分のみを出力することが可能
チャプター指定 任意の位置にチャプターを挿入可能
チャプターを分割点へ変更可能
高度なチャプター追加 チャプターや分割点を指定時間/指定間隔/指定数などの条件を設定して自動挿入が可能
クリップ分割点 分割点を基準に、1つのクリップを複数のクリップに分けることが可能
高速描写モード 映像のプレビュー描画が高速化が可能
スマートシーンサーチ マウスのセンターホイールクリックで近隣のシーンチェンジ部分への移動が可能
シーンチェンジ検出 再エンコード部のシーンチェンジを検出し I ピクチャを自動で挿入
アスペクト比変更 出力ファイルのアスペクト比を設定 (変更)することができます。
音声加工
音声ノイズ除去 録画時などに混入する音声のノイズを除去
音声ズレ補正 映像と音声の同期ズレを手動でミリ秒単位にて補正
時報低減 TV放送録画時に挿入された時報音を低減可能
音声ボリューム変更 音声ボリュームを0~500%の範囲で変更可能
音声正規化 音量の最大値を100%としてクリップ内でもっとも音量が大きいポイントが指定した%になるように変更
音声均一化 音声をピーク値/平均値などを基準に均一化
音声フェードイン・アウト クリップの音声の始めと終わりにフェード効果を付加可能
マルチストリーム音声 音声4ストリームの PGMX ファイルの作成が可能
二ヶ国語音声 左 (主音声)のみ、または右 (副音声)のみ、または左右別チャンネルでの出力が可能
音声変換機能 PGMX フォーマットから外れる音声ファイルを入力した場合に高音質な状態で規格に適した形式に変換を行うことが可能
音声サンプリングレート変換 ソースのサンプリングレートから高精度32bitフローティング処理で変換を行うことが可能
その他の機能
プロシキファイル対応 ハイビジョン映像の編集を軽く・素早く行うために編集用高速ファイルの作成が可能。5段階の画質・容量設定が可能 (出力結果には影響しません。)
1パス/2パス
フルエンコード対応
出力設定フォーマットに合致しない映像/音声ファイルをフルエンコードすることで PGMX フォーマットに適合したデータを作成することが可能
2パスフルエンコードの場合、処理時間は増加しますが、画質、及び出来上がりサイズをより指定値に近くすることができます。
* ハードウェアエンコーダーでは1パス処理となります。
スマートレンダリング対応 対応するMPEG-4 AVC /H.264 ファイルをスマートレンダリング(編集点以外無劣化)で PGMX ファイル形式に出力することが可能
トランジション効果 クリップ間にトランジション効果を施すことが可能
スライドショー機能 静止画ファイルを素材にスライドショーの作成が可能
入力した静止画ファイルをファイル名や撮影日時でソートしたり、画像間にトランジション効果を施すことも可能
単色クリップ追加機能 汎用性の高い単色、またはグラデーション映像の追加、及び静止画タイルの作成が可能
字幕挿入対応 PGMX 対応プレーヤーで切り替え可能な字幕が8ストリームまで挿入可能
* テキスト形式、画像形式が選択可能です。
クリップボード機能 プレビュー画面上の映像を画像として保存可能 (BMP形式)
チャプター情報ファイル
読み込み
チャプター情報の保存・読み込みが可能
* TMPGEnc シリーズ等で出力したキーフレームファイル(.keyframe)の読み込みに対応しています。
PGMX / TS 解析
読み込み機能
PGMX / MPEG-2 TS ファイルに複数のストリームが含まれている場合、追加ウィザードの解析機能にて、映像 / 音声 / 字幕( ISDB / DVB / ATSC クローズドキャプション/プレーンテキスト)の各データの選択読み込みが可能
* 対応外映像 / 音声コーデックのものは読み込めません。
DV/HDV デバイスからのキャプチャ入力サポート ※14 IEEE1394 (i.LINK)経由にてDV/HDV カメラからキャプチャを行うことが可能
DVD/Blu-ray/AVCHD 読み込み ※4 DVD-VideoやDVD-VR、Blu-ray/AVCHD のデータを読み取り、字幕・チャプター情報なども引き継ぐことが可能
Media Center 読み込み対応 ※9 Media Center で録画された Microsoft TV 録画ファイル (.dvr-ms, .wtv)が入力可能
バッチツール 出力作業を複数個登録し、順次連続出力作業が可能
Pegasys プロジェクトファイル読み込み機能 ※15 弊社製 TMPGEnc Video Mastering Works 5 (別売)のプロジェクトファイルをクリップとして追加可能
Intel Media SDK の利用 Intel Media SDK を利用した MPEG-4 AVC のデコードとエンコードが可能
* Intel Media SDK は対応 CPU 以外では、ソフトウェア動作となります (デコーダーのみ)。
* インテル社製対応 CPU (SandyBridge コア以降)ならびに対応ドライバーでIntel Quick Sync Video 機能が動作する環境が必要です。
* Intel Media SDK を用いたデコード/エンコードの処理は環境設定にてそれぞれ MPEG デコーダー選択、及び MPEG エンコーダーの設定が必要です。ハードウェア処理対応のCPU が使用可能な場合、Intel Media SDK Hardware が使用可能です。
NVIDIA CUDA 3.1 の利用 NVIDIA 社の CUDA を使用し、フィルターの演算、MPEG-1/2 及びMPEG-4 AVC のデコードと MEPG-4 AVC のエンコードを行うことが可能
* NVIDIA CUDA 対応デバイスが搭載されており、対応ドライバがインストールされている必要がございます。
ジョグダイヤル対応 カット編集画面でジョグダイヤル向けのショートカットキーを用意
シミュレーション機能対応 対応プレイヤー上での再生動作を PGMX ファイルの出力前に確認可能
CPU 優先度 CPU 優先度設定可能 (非アクティブ・アクティブ時にそれぞれ 5段階の設定が可能 アイドル時のみ~優先)
出力後の処理 シャットダウン、スタンバイ、休止状態に対応 (マシン / OS 環境に依存)
ペガシスオンラインニュース受信機能 ペガシスからのアップデート情報などを受け取ることが可能

※1 VBR(可変ビットレート)で作成された MPEG-1 のファイルの入力は仕様により行えません。


※2 一部の機器または環境でキャプチャされたムービーデータは、音ズレなどの問題が発生する場合があります。あらかじめ、体験版でお試しになることをお勧めします。


※3 Victor GR-HD1、SONY HDR-FX1/HC1 のトランスポートストリームファイルにて動作を確認しています。


※4 DVD-VR データを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応したUDF2.0 リーダー等が必要になります。Windows の通常の操作で、ファイルコピーなどファイルを扱う事ができない環境では、この機能をご利用できません。また、CPRM や CSS などの著作権保護された DVD を扱うことができません。Blu-ray (BDAV/BDMV) 形式のデータを読み込む場合、対象メディアに対応した読み込みドライブと対応した UDF2.5/2.6 リーダー等が必要になります。また、著作権保護された Blu-ray(BDAV/BDMV) を扱うことはできません。


※5 Microsoft TV 録画ファイル(.dvr-ms)の読み込みには録画を行ったパソコン、もしくは Media Center PC 録画ファイルの再生に対応したパソコンが必要となります。
Microsoft社の情報ページ(インターネットに接続が必要です) また、Microsoft TV 録画ファイル(.wtv)の読み込みには、録画を行ったパソコン、もしくは WTV ファイルを作成可能なパソコンにて、著作権保護の使用されていない、フォーマットが映像(MPEG-2, H.264/AVC),音声(MP2, AC3, AAC)のファイルに対応しています。


※6 DV / HDV カメラと IEEE1394 接続との相性により、正しく認識・取り込みが行えない場合があります。


※7 入力 AVI が弊社確認済みのコーデックが使われた TYPE-2 DV の場合は映像に YUV 色空間の 4:4:4 補間が適用され、より高画質に処理できます。また、非圧縮 AVI を除く AVI ファイルの読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム)が必要です。Type-1 DV などの DirectShow 経由での読み込みは基本的に環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声が同時に2本以上同時に開けないコーデックを利用している場合、2クリップ目以降の音声が出力されません。


※8 QuickTime ファイルの読み込みには QuickTime 7.7.4 以降のインストールが必要です。(音声が複数のトラックで構成されているQuickTimeファイルの場合、音声が正しく扱えない場合があります。)


※9 Windows Media ファイルの読み込みには Windows Media Technology がインストールされている環境が必須となります。インターネットからのライブ配信データを直接扱うことはできません。
Windows Media デジタル著作権管理 (DRM)で保護されているファイルは、扱えません。
シーカブル属性 (頭出し可能)が無いファイルの読み込みはできません。


※10 PV3 録画ファイルの読み込みには、アースソフト社製「AviUtl プラグイン EARTH SOFT DV.aui Ver 2.4.4 または Ver 3.0.1」が正しくインストールされている環境が必要です。Ver 2.4.4,3.01 以外のバージョンは動作対象外となります。
AviUtl プラグイン EARTH SOFT DV.aui Ver 2.4.4で録画されたデータの読み込みには Ver2.4.4 が、Ver3.0.1で録画されたデータの読み込みには Ver3.0.1 のインストールがそれぞれ必要となります。また、 PV3 録画ファイルの音声を扱う場合は録画時の音声形式は LPCM データである必要があります。


※11 DirectShow/MediaFoundation 経由での読み込みには、それぞれの形式に対応する CODEC (再生プログラム)が必要です。また、個々の PC 環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声に特殊形式 (VBR、ogg等)の物を利用している場合、音声がずれたり出力されない場合があります。


※12 Dolby Digital 5.1ch / Dolby Digital Plus 7.1ch までのデータ読み込みに対応しています。


※13 AAC (Advanced Audio Coding) は 7.1ch までのデータ読み込みに対応しています。


※14 アナログキャプチャ、USB 経由でのキャプチャは行えません。


※15 TMPGEnc Video Mastering Works 5 Ver.5.2.0.62 以降で作成されたプロジェクトファイルが対象です。それ以前のバージョンで作成されたプロジェクトファイルは追加することはできません。本機能を利用する際は、TMPGEnc Video Mastering Works 5 が本製品と同じ環境にインストールされている必要があります。


ご注意事項
  • DVD-Video / VR、Blu-ray(AVCHD/BDMV/BDAV)などのフォーマットで記録された VOB/VRO ファイル、MTS ファイルは、ファイルの内部構造により正しく扱えない場合があります。追加ウィザード[DVD/BD/AVCHD カメラから追加する]にて読み込みを行ってください。
  • 入力映像は、TMPGEnc シリーズで作成したファイル以外に、各種ビデオキャプチャー機器、DVD レコーダー、カメラなどで記録された映像を用いて動作の検証を行っております。一部の環境において音ズレ等の問題が生じる可能性がありますので、ご購入前に体験版での動作を確認されることをお勧めします。また、映像が一部破損しているファイルは、正常に読み込めない場合があります。
    また、CPRM や CSS などの著作権保護されたデータを扱うことはできません。
  • FullHD を超えるサイズで PGMX ファイルを作成される場合、ソースファイル/メニューの構成などによっては出力中にメモリ不足等が発生する可能性があります。
  • FullHD を超えるサイズ (4Kサイズ等)で PGMX ファイルを作成された場合、再生環境によって正しく再生されない可能性 (カクつく等)がございます。この場合は、出力サイズを抑えて作成ください。
  • 当該使用における如何なる損害に対する補償から株式会社ペガシスは免責されるものとします。
※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。