• slidebg1
    その場で作れる。その場で見せる。
    その場で鳴らせる/書ける!
    仕様一覧

TMPGEnc その場でスライドショー

(ティーエムペグエンク ソノバデ スライドショー)

Windows10_logo
 
対応入力ファイル
入力動画ファイル形式 MPEG-1/2 (.mpg, .m1v, .m2p, .m2v, .m2t, .m2ts, .mts, .ts, .dvr-ms, .mpv) ※1
AVI (.avi)
QuickTime Movie (.mov, .qt, .mp4, .m4v, .3gp, .3g2, .amc) ※2
WindowsMedia (.wmv,asf)
Direct Show / Media Foundation で正常に読み込める物 ※※
入力画像ファイル形式 BMP形式 (.bmp)
PNG形式 (.png)
JPEG形式 (.jpg, .jpeg)
入力音声ファイル形式 WMA形式 (.wma, .wmv)
MP3形式 (.mp3)
WAV形式 (.wav)

※ 別途CODECが必要となります。
※※DirectShow / MediaFoundation 経由での読み込みには、それぞれの形式に対応するCODEC (再生プログラム)が必要です。また、個々のPC環境に依存します。そのため正常に読み込めない場合があります。また、音声に特殊形式 (VBR、ogg 等)の物を利用している場合、音声がずれたり出力されない場合があります。また、MediaFoundation リーダーは Windows7/8 環境でのみ使用可能です。


出力動画ファイル形式【WMV形式】
映像コーデック Windows Media Video 9
音声コーデック Windows Media Audio 9 ※3
解像度 320x160 / 320x240 / 640x360 / 640x480 / 720x480 (4:3, 16:9) / 720x576 (4:3, 16:9) / 1280x720 / 1920x1080 ※4
エンコード方式 1パスCBR
フレームレート 23.976 / 25 (PAL) / 29.97 fps
映像ビットレート 各解像度毎に低画質 / 標準画質 / 高画質のビットレートが選択可能
音声ビットレート 48000 Hz / ステレオ / 128 kbps 又は 160 kbps

出力動画ファイル形式【MPEG-2形式】
映像コーデック MPEG-2
音声コーデック MPEG-1 Audio Layer2 / リニアPCM
解像度 720x480 (4:3, 16:9) / 720x576 (4:3, 16:9)
エンコード方式 1パスCBR
フレームレート 29.97 fps (NTSC) / 25 fps (PAL)
映像ビットレート 各解像度毎に低画質 / 標準画質 / 高画質のビットレートが選択可能
音声ビットレート 48000Hz / ステレオ / 160/256 kbps (MP2) / 1536kbps (リニアPCM)

その他の機能
なつかしフィルター 作成するスライドをノスタルジックなイメージにしたり、8mmカメラ風の映像に見せることが可能
効果時間測定 動画を入力した場合など、切り替え効果の実際の表示時間を事前に確認することが可能
スナップショット 簡易的なプロジェクトの保存・読み込みが可能
おまかせウィザード テーマに合ったイメージのスライドをウィザード形式にて自動で作成することが可能
アニメーション機能 ウィザード方式により、写真/動画のアニメーション表示 (ズームイン・ズームアウト)が可能
トリミング機能 写真 / 動画の一部分を切り取ることが可能
モノトーン効果機能 写真 / 動画にモノクロ調やセピア調などのモノトーン効果を施すことが可能
字幕機能 写真 / 動画に字幕テキストを入力することが可能
字幕スクロール機能 上下、左右へ字幕テキストのスクロール設定が可能
字幕のフェードイン / フェードアウト 字幕テキスト表示時に、徐々に字幕テキストを表示 / 消去が可能
音楽のフェードイン / フェードアウト スライドの先頭、または末尾の音楽にフェードイン・アウトの設定が可能
スタッフロール追加機能 スライドの先頭、または末尾にスタッフロール (クレジットタイトル)の追加が可能
タイトルバック追加機能 背景色が単色の静止画像を作成し、スライドのタイトル画像として利用が可能
切り替え効果 写真 / 動画間に切り替え (トランジション)効果を施すことが可能 (180種類以上) ※5
リアルタイム効果音 / 字幕再生機能 あらかじめ設定された効果音・字幕をプレビュー時にリアルタイムで再生が可能
リアルタイム字幕入力機能 プレビュー時にリアルタイムで字幕入力・再生が可能
リアルタイム音楽再生機能 プレビュー時にリアルタイムで任意の音楽の再生が可能
プロジェクター表示 プレビュー時にプロジェクター (フルスクリーン) 表示が可能
ドラッグモーション機能 プロジェクター表示時に、マウスのドラッグ操作のみで写真/動画送り・戻しが可能
ビデオファイル出力機能 モバイルサイズからフルHDサイズまでのWMV 形式、DVD-Video 向けMPEG-2 形式へのビデオファイル出力が可能 ※4
また、[出力プレビュー]機能により、出力結果を事前にプレビューで確認することが可能
YouTube アップロード機能 出力したビデオファイルをYouTube へアップロード可能 ※6
TileShot CREATOR 動画から連番静止画の抽出や、連番静止画を一枚の画像に生成が可能 ※7
TMPGEnc DVD Author 3 for その場でスライドショー ウィザード形式によるメニュー付DVDの作成が可能 ※8

※1 フリー版の動画入力は、MPEG-2 形式のファイルには対応しておりません。


※2 QuickTime Player7 (または、iTunes6) 以降が必要です。


※3 インストールされているWindows Media Player のバージョンにより Windows Media Audio 9.1 や Windows Media Audio 9.2 またはそれ以降 となる場合があります。


※4 フリー版で出力可能なビデオファイルはWMV形式のみで、映像出力解像度は320×240のみとなります。


※5 3D効果カテゴリの切り替え効果を使用するには、ご使用のパソコンにDirectX 9.0c 以降に対応したグラフィックボードが搭載されている必要がございます。使用できない切り替え効果はグレーアウトし、選択やドラッグ&ドロップすることができません。


※6 YouTubeのサイトにてYouTubeのアカウントを事前に取得いただく必要がございます。また、YouTube にアップロードするには、インターネット接続が必要です。


※7 動画の入力は別途Codec が必要な場合がございます。


※8 製品版のみに搭載されております。フリー版には搭載されておりません。



<Windows Media ファイルの読み込みでの注意>
  • Windows Media デジタル著作権管理 (DRM)で保護されているファイルは扱えません。
※ 製品の仕様は予告無く変更される場合がございます。