TMPGEnc Authoring Works 6

(ティーエムペグエンク オーサリングワークス 6)

更新履歴

 
更新履歴

 2017.9.28 / Ver.6.0.9.11
不具合修正 ・メニューページ編集で、メニュー部品のサイズに依存して、回転効果が正しく動作しない場合がある問題を修正しました。
・DVD-Video出力プロジェクトで、トラック内のクリップがすべてスマートレンダリング判定且つ「このトラックを容量調整の対象から外す」が有効の場合、シミュレーション/書き出し開始時にエラーが発生する問題を修正しました。
・全体のメニュー設定でハイライトの種類を変更した場合、保存したテンプレートから読み込むと、各ページにハイライトの種類が反映されない問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行ないました。
 2017.7.20 / Ver.6.0.8.10
不具合修正 ・メニュー編集画面で、アイテムメニュー、最前面/最背面に移動を行うとエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
・ディスクライティングで、Blu-ray データのイメージファイルを作成する際、出力ファイル名に特定文字列が含まれていると出力できない問題を修正しました。
・AVI ファイルリーダーで TSCC/TSC2 CODEC ファイルを読み込んだ際、シミュレーション/出力ファイルで映像が正しく表示されない場合がある問題を修正し ました。
・搭載メモリーが少ないPC環境で 3Dトランジションが含まれるプロジェクトを出力すると出力中にエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
・DVD規格に合致する MPEG-1 ファイルにも関わらず、フルレンダリング判定がされる場合がある問題を修正しました。
・メディアへの書き込み枚数を2枚以上に設定した場合、特定の環境で、2枚目以降のディスクが認識されない問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行ないました。
 2017.6.5 / Ver.6.0.7.9
不具合修正 ・トラックBGM編集画面で音声クリップを選択した際、キーボードのカーソルキーで左右に移動できない問題を修正しました。
・字幕編集画面でレイアウト情報を持たないSRT 字幕ファイルを読み込んだ場合、現在のレイアウトがリセットされてしまう問題を修正しました。
・YUV色空間がフルレンジのソースにトランジションを提供すると、出力時にエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行ないました。
 2017.4.18 / Ver.6.0.5.7
不具合修正 ・TMPGEnc Authoring Works 6 を新規にインストールした場合、ディスクライティングツール起動時にエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
 2017.4.11 / Ver.6.0.5.6
機能向上 ・一部の色空間変換処理を最適化し、出力速度を向上しました。
不具合修正 ・トラック BGM 編集画面で、タイムラインスケール上での右クリックメニュー[貼り付け]が正しく動作しない問題を修正しました。
・DVD-Video出力プロジェクトから、Blu-ray(BDMV) 出力プロジェクトに変換した際、一部のトラック設定が正しく動作しない場合がある問題を修正しました。
・カット編集画面で、[現在選択している範囲の前後をカットする]を適用すると、現在プレビュー位置が選択範囲内にあっても終端に移動してしまう問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行ないました。
 2017.1.30 / Ver.6.0.4.5
不具合修正 ・非MBAFFのインターレース H.264/AVC ソースを入力し、BDMV(H.264/AVC)およびAVCHD 出力を行うと、再エンコード部分で、出力プロセスとの通信エラー 0xc0000005 が発生する場合がある問題を修正しました。
・各プレビュー画面の音声レベルメーターの表示が、ソース音声の波形に依存して正しく表示しない場合がある問題を修正しました。
・DVD、AVCHD のプロジェクトに空のファーストプレイトラックが存在すると、BDMV フォーマットへの変換時にアドレス違反のエラーが発生する場合がある問題を修正しました。
その他 ・その他、細かい修正を行ないました。
 2017.1.20 / Ver.6.0.3.4
機能更新 ・タスク優先度設定のオプション名を「優先」→「高」、「アイドル時」→「低」に変更しました。
・ソース入力時の各ファイル参照ダイアログで、拡張子/リーダー設定を記憶するように変更しました。*起動中のみ
・ポップアップメニュー編集時のメニューボタン間の最低マージンを水平方向24px 垂直方向27pxに緩和しました。
不具合修正 ・Intel Media SDK Hardware デコーダー利用時、メニュー編集画面に切り替えた際のキャッシュ生成中にアプリケーションが停止してしまう場合がある問題を修正しました。
・120%以上のDPI環境で、一部の画面表示、レイアウトがおかしくなる問題を修正しました。
・容量調整設定有りで出力した場合、字幕解析中の出力予測時間が実際より大幅に多く表示されてしまう問題を修正しました。
・一部の NVIDIA GeForce 環境で、NVENC が利用できないにもかかわらず、「NVENCエンコーダーのチェックを行えなかったため、使用できません」のダイアログが表示されてしまう問題を修正しました。
・Blu-ray、x264 エンコーダーでの出力中に、「Microsoft Visual C++ RuntimeLibrary」 エラーあるいは 「出力プロセスとの通信エラー」が発生する場合がある問題を修正しました。
・カット編集画面で、編集中のチャプターを含む範囲をカットするとエラーが発生する問題を修正しました。
・プロジェクトファイルに、既にメニュー素材に存在しないファイルが含まれている場合、当該ファイルの差し替え時にエラーが発生する問題を修正しました。
・メニュー編集で、個別トラック、ページに全体設定とは違うハイライトカラー、種類を設定した場合に正しく反映されない場合がある問題を修正しました。
・特定のランチャーアプリケーションがインストールされた環境で、スタート画面等のフォーマット選択が正しく動作しない場合がある問題を修正しました。
・字幕、音声選択メニューのハイライト設定が正しく反映されない問題を修正しました。
・TMPGEnc Authoring Works 5 以前のバージョンのSDサイズのメニューに、TMPGEnc Authoring Works 6 のメニューを組み合わせてテンプレート保存しようとすると「メニューのデザイン画像サイズが不正です。」エラーが発生する問題を修正しました。
・ディスクライティングツールで、書き込み元フォルダーのパス文字数が長すぎる場合に、書き込み及びイメージ作成が行われない問題を修正しました。
・トラックBGM設定で音声クリップを追加した際に、スライダー指定位置から1フレーム前に追加位置がずれる場合がある問題を修正しました。
・その他、細かい修正を行ないました。
 2016.12.20 / Ver.6.0.2.3
機能追加 ・カット編集画面およびスライドショー編集画面のチャプター一覧で、「このチャプターをメニューに表示する」オプションが有効の場合、サムネイル上にアイコンが表示されるように修正しました。クリックで表示、非表示の切り替えが可能です。また表示、非表示の切り替えに、キーボードショートカット [CTRL+W] を追加しました。
不具合修正 ・ウィンドウの最大化、最小化を繰り返すと画面描画が崩れる場合がある問題を修正しました。
・その他、細かい修正を行ないました。
 2016.12.15 / Ver.6.0.1.2
機能追加 ・カット編集画面およびスライドショー編集画面のチャプター右クリックメニューに、メニュー表示有無の設定オプションを追加しました。
・ボリュームスライダーのマウスホイール動作を上回転で上昇に変更しました。
TMPGEnc Status Messenger に対応しました。
不具合修正 ・高DPI環境で、一部の文字等が正しく表示されない場合がある問題を修正しました。
・アプリケーション本体のドライブ/メディア設定画面で、ドライブの一覧が正しく取得できない場合がある問題を修正しました。
 2016.12.6 / Ver.6.0.0.1
ファーストリリース